スマートフォン版はこちら

男子エリートの長迫吉拓は34位BMX世界選手権で男子ジュニアの中井飛馬が4位、女子ジュニアの畠山紗英が5位入賞

  • 一覧

 アメリカのロックヒルで開催された2017 UCI BMX世界選手権大会は7月29日に最終日を迎え、チャンピオンシップカテゴリーのレースが行われた。男子ジュニアで中井飛馬(新潟/日本体育大学荏原高等学校)が4位、女子ジュニアでは畠山紗英(神奈川/白鵬女子高等学校)が5位に入賞した。

男子ジュニアで4位の中井飛馬(261) Photo: 日本自転車競技連盟BMX小委員会

 畠山紗英の入賞は昨年のコロンビア・メデジン大会の4位に続く2年連続。男子エリートの長迫吉拓(岡山/MXインターナショナル)は、1/8決勝で敗退し34位だった。

■男子エリート
34 長迫吉拓(岡山/MXインターナショナル)
69 吉村樹希敢(大阪/Gan Trigger)

■男子ジュニア
4 中井飛馬(新潟/日本体育大学荏原高等学校)
21 池上泰地(大阪/クワハラバイクワークス)
49 佐宗恭(東京/日出高等学校)
50 島田遼(広島/近畿大学泉州高等学校)

女子ジュニアで5位の畠山紗英(147) Photo: 日本自転車競技連盟BMX小委員会

■女子ジュニア
5 畠山紗英(神奈川/白鵬女子高等学校)
21 丹野夏波(神奈川/白鵬女子高等学校)
23 永禮美瑠(愛知/名古屋市立西陵高等学校)

関連記事

この記事のタグ

BMX

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載