【Teamユキヤ通信】クラシカ・シクリスタ・サンセバスティアン「体が動かなかった」新城幸也 サンセバスティアンは途中リタイア

by 飯島美和 / Miwa IIJIMA
  • 一覧

 7度目のツール・ド・フランスを完走した新城幸也(バーレーン・メリダ)は7月29日、スペインで開催されたUCIワールドツアー「クラシカ・シクリスタ・サンセバスティアン」に出場したが、途中リタイアに終わった。

眼下に海を眺めながら1級山岳を越えていくメイン集団 Photo: Miwa IIJIMA

 バスク地方、サンセバスチャンの中心部をスタートし、海岸線から内陸へコースを取り、8つの山岳を越える獲得標高4000mを超える過酷な山岳ワンデーステージレース。ツール・ド・フランス終了後すぐの大会とあって、ツールを好調で終えた選手がキーパーソンとなった。ツールからどの程度回復できているかも重要なポイントだ。

 新城も自分自身期待して出場したレースだったが、バーレーン・メリダはツールメンバーではなかったエンリーコ・ガスパロット(イタリア)の24位が最高位だった。新城は170km地点の上りで遅れだし、そのまま集団に復帰できずリタイアとなった。

チームメイトと1級山岳を超えていく新城幸也。スペインのバスク地方でも人気がある新城に沿道から「アラシロ!!」と名前で声援が飛ぶ Photo: Miwa IIJIMA

 レースは先頭グループに2人が入ったチーム スカイの、ミカル・クウィアトコウスキー(ポーランド)が優勝した。

 レースを終えた新城は次のようにレースを振り返った。

 「ツールを走り終え、休養も取れていたので、自分自身結果が出せるのではと楽しみにしていたレースだったが、脚がつったり、とにかく体が動かなかった。ツールでは落車に巻き込まれそうになって足を着いたときに腰を痛めて、その痛みを引きずったままレースに臨んでしまったので、自分が思っていた以上に身体を酷使していたのかもしれない。しっかりメンテナンスして、次のエネコツアーに臨みたい」

 新城の次のレースは、8月7日から13日までオランダで行われるUCIワールドツアーのステージレース。昨年までは「エネコツアー」の名で呼ばれていたが、今年から大会スポンサーが変わり、大会名は「ビンクバンクツアー」となっている。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

UCIワールドツアー 新城幸也

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載