女子エリートは小林可奈子が18年ぶり優勝【速報】男子エリートの山本幸平が3連覇 全日本MTB選手権クロスカントリー

  • 一覧

 全日本マウンテンバイク選手権大会のクロスカントリー競技が7月23日、長野県富士見町の富士見パノラマリゾートで開催され、男子エリートは山本幸平(BH-SRSUNTOUR-KMC)が3年連続9度目の優勝を飾った。女子エリートは47歳の小林可奈子(MTBクラブ安曇野)が1999年以来18年ぶりの栄冠に輝いた。

3年連続9度目の優勝を決めた山本幸平は9本の指を立ててゴール Photo: Kenta SAWANO

■男子エリート
1 山本幸平(BH-SRSUNTOUR-KMC) 
2 恩田祐一(ミヤタ・メリダ バイキングチーム) 
3 前田公平(弱虫ペダルサイクリングチーム)

表彰台で集まってポーズを決める小林可奈子(中央)。左は2位の今井美穂、右は3位の橋口陽子 Photo: Kenta SAWANO

■女子エリート
1 小林可奈子(MTBクラブ安曇野)1時間21分43秒
2 今井美穂(チーム・スコット)+3分54秒32
3 橋口陽子(TEAM 轍屋)+5分58秒19

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

MTBレース マウンテンバイク

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載