スマートフォン版はこちら

title banner

【Teamユキヤ通信】ツール・ド・フランス2017 第19ステージ新城幸也、95位でゴールもパリ目前でチームメイトがリタイア「それがツール」

by 飯島美和 / Miwa IIJIMA
  • 一覧

 ツール・ド・フランス第19ステージが7月21日に開かれ、新城幸也(バーレーン・メリダ)は12分27秒遅れの95位でフィニッシュした。残り2ステージとなり「最後まで諦めず勝利を目指して頑張ります!」と意気込みを語った。

序盤の3級山岳を越えていく新城幸也 Photo: Miwa IIJIMA

 第19ステージはスプリンターを擁するチームにステージ優勝の可能性があると予想されるコースだったが、序盤の3級山岳での攻撃で、チームの明暗が別れるという、パリを目前にして波乱のレースとなった。

 逃げに選手を送りこむことができなかったバーレーン・メリダは、12分遅れの大集団の中でゴール。また、MTBからロードに転向し、初のツール出場で注目を集めていたオンドレイ・シンク(チェコ)が足の痛みでリタイアという結果となった。レース後の新城は次のようにコメントした。

選手たちを苦しめた山岳を背に、南仏へと向かう集団 Photo: Miwa IIJIMA

 「希望に満ちてスタートしたが、僕たちのレースは序盤で終わってしまった。スプリントを期待していたのだが、20人以上の逃げができてしまい、捕まえることは難しかった。もしかしたら、時間をかけて逃げを捕まえるチャレンジして良かったのかもしれない。でも、その時に僕らにはその選択はできなかった。チームメイトが1人パリを目の前に自転車を降りてしまった。それがサイクルロードレース、それがツールだ」

 「明日は個人タイムトライアル。明後日はシャンゼリゼ!最後まで諦めず勝利を目指して頑張ります!」

関連記事

この記事のタグ

ツール・ド・フランス2017 ツール2017・ユキヤ通信 新城幸也

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

新春初夢プレゼント2018

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載