スマートフォン版はこちら

title banner

【Teamユキヤ通信】ツール・ド・フランス2017 第18ステージ新城幸也、最後の山岳ステージをグルペットで完走 「最後まで諦めず勝利を目指す」

by 飯島美和 / Miwa IIJIMA
  • 一覧

 ツール・ド・フランス第18ステージが7月20日に開かれ、新城幸也(バーレーン・メリダ)はトップから23分50秒遅れの105位でフィニッシュした。

イゾアール峠にゴールした新城幸也(バーレーン・メリダ) Photo: Miwa IIJIMA

 今大会実質最後の本格山岳ステージとなった第18ステージは、標高2360mのイゾアール峠にフィニッシュする全179.5km。新城は50人の逃げに乗ることができず、グルペット内でのゴールとなった。新城はレース後、次のようにコメントした。

最後の山場に笑顔でスタートしていく新城幸也(バーレーン・メリダ) Photo: Miwa IIJIMA

 「今日で山岳ステージが全て終わった。残すは明日のアップダウンステージと個人タイムトライアルとシャンゼリゼの3つ。逃げるなら今日が最後のチャンスだったが、50人に入り損ねた。でも、逃げ集団はアタック合戦で落ち着かなかったみたいで、かなり消耗戦だったらしい。アージェーデュゼール・ラモンディアールのペースアップでメイン集団から遅れ、下りで復帰を試みたが届かず、グルペットでゴールした。昨日、今日でかなり消耗するステージとなった」

 「もう少しで2017のツールが終わる。そう思えば痛い脚もどうにか動く。最後まで諦めず勝利を目指して残りステージ頑張ります」

関連記事

この記事のタグ

ツール・ド・フランス2017 ツール2017・ユキヤ通信 新城幸也

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

新春初夢プレゼント2018

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載