スマートフォン版はこちら

title banner

【Teamユキヤ通信】ツール・ド・フランス2017 第17ステージ新城幸也、ガリビエ峠のアルプス初日はグルペットで完走「ゆっくりできない日」 

by 飯島美和 / Miwa IIJIMA
  • 一覧

 ツール・ド・フランス第17ステージが7月19日に開かれ、新城幸也(バーレーン・メリダ)はトップから33分41秒遅れの141位でフィニッシュした。

アルプスを越え141位でゴールした新城幸也 Photo: Miwa IIJIMA

 アルプスの本格山岳に入ったこの日は、2つの超級を含む4つの山岳を越える183kmのステージ。序盤で落車に巻き込まれた新城は逃げには乗れず、グルペットで完走した。新城はレース後、次のようにコメントした。

 「今日も逃げに乗るべく、チャレンジしたが叶わなかった。しかも落車にも巻き込まれて、後ろから思いっきり突っ込まれた。足を着いただけで済んで良かった。落車の影響もあり、30人以上の大きな逃げが決まった。幸いチームからは上りに強いオンドレイ・シンクが入っていたので良かった」

表彰式にはフランスのエマニュエル・マクロン大統領が登壇した Photo: Miwa IIJIMA

 「そのまま今日はガリビエ峠まで行けるかと思ったが、最初の超級でいきなりアタック。上り口に頂上までの距離看板があるんだけど『24km』……。その後に『○○がアタック』とラジオツールから聞こえ、一瞬にして、ゆっくりできない日だと察した。そこからは一番大きなグループでゴールを目指した。(タイムアウトまで)制限時間は40分しかないから、休まることはなかった。天気が心配されたが幸い雨には降られず、下りの絶景を楽しめた(苦笑)」

関連記事

この記事のタグ

ツール・ド・フランス2017 ツール2017・ユキヤ通信 新城幸也

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

新春初夢プレゼント2018

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載