スマートフォン版はこちら

title banner

【Teamユキヤ通信】ツール・ド・フランス2017 第16ステージ新城幸也、得意なコースで先頭集団に残れず「大きなチャンスを逃した」

by 飯島美和 / Miwa IIJIMA
  • 一覧

 ツール・ド・フランス第16ステージが7月18日に開かれ、新城幸也(バーレーン・メリダ)はトップから1分33秒遅れの45位でゴールした。

このステージで初めて新型リアクトをレースで使用した新城幸也 Photo: Miwa IIJIMA

 休息日明けのステージは、スタートしてすぐに3級山岳、そして中盤に4級があり、下り基調のゴールという、一見単調に見えるコースレイアウト。しかし、東からの強い横風が吹き付け、気温もぐんぐん上がるなか、山岳賞や総合順位を争うチームがスタートから仕掛け、序盤から集団がバラバラに分断されるという波乱のサバイバルレースとなった。

アルベルト・コンタドールらと共に45位でゴールする新城幸也 Photo: Miwa IIJIMA

 新城は得意なコースレイアウトながらも横風に苦戦。それでも、チーム最高位となる45位でゴールした。新城は厳しい展開になったレースを、次のように振り返った。

 「今日は大きな逃げ集団が逃げ切る可能性があるので、その逃げができた場合は、チームから誰か乗せるのが目的だった。しかしなかなか逃げグループが形成されず、20km地点の3級山岳に突入し、ハイペースが続いていたため、頂上では集団は半分ぐらいまで少なくなっていた。コルブレッリがしっかりと集団に残っていたので、チームとしては願ってもない展開で、ステージ優勝の大きなチャンスだった。しかし、一日中風が強く、小さくなった集団とはいえかなりナーバスな状態だった」

 「ゴールに向けて順調に進んでいったが、残り15kmぐらいでスカイのペースアップで集団が崩れた。コルブレッリと自分が先頭に残ることができずに取り残されてしまい、大きなチャンスを逃してしまった。残されたステージも少ない。また、明日も戦うだけだ」

関連記事

この記事のタグ

ツール・ド・フランス2017 ツール2017・ユキヤ通信 新城幸也

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

新春初夢プレゼント2018

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載