スマートフォン版はこちら

門田基志の欧州XCマラソン遠征記2017<9>196kmで獲得標高9,500m 過酷さと楽しさが背中合わせの「アルペンツアートロフィー」

  • 一覧

 マウンテンバイク(MTB)・クロスカントリー(XC)の門田基志選手(チームジャイアント)と、まな弟子の西山靖晃選手(焼鳥山鳥レーシング)が、6月8~11日の4日間にわたって挑んだUCIステージレース「アルペンツアー」。いよいよ迎えた最終ステージは14kmと距離は短いものの、ひたすら上り続けて1300m獲得するという最後まで選手たちを追い詰めるコース。「激坂が苦手」といいつつ、過酷なレースを終えて「また参加したいレースの1つとなった」という門田さんのレースリポートです。

←<8>UCIステージレース「アルペンツアー」第3ステージ リポート

UCIステージレース「アルペンツアー」の第4ステージ ©AlpentourTrophy2017

◇         ◇

 ズッシ〜ン!ズド〜ン!という表現しか出来ないくらいの疲労感で目覚める「アルペンツアートロフィー」最終日の朝。晴天だが、2人とももう覇気は全くといって良いほど無くなっていた。

 歩くのもダルく、一つ一つの作業をするのも合間に一休みが必要でいっこうに進まないレース準備だが、朝食の用意だけは2人とも意外にスムーズで、食欲だけは衰えない(笑)。「人間、食が大切」という母親からの教えが、自分にも身についていると感じる。

第4ステージのコースプロフィール。14kmで獲得標高は1300m ©AlpentourTrophy2017

 今日のコースは距離14kmで1400mを上るスキー場とマウンテンバイクパークのDH(ダウンヒル)コースを逆走するコース。林道メインということでジャイアントの「ANTHEM」から「XTC」にバイクをチェンジした。スタートは下位の選手から順にスタートなのでレースは午前9時頃からスタート。ホテルのテラスからはアップをしている選手も多く見掛けた。

今回はジャイアントの「ANTHEM」から「XTC」にバイクをチェンジ ©AlpentourTrophy2017

 「XTC」は最終週に控えているドイツでの世界選手権で使う予定のギア設定。フラット基調であることを見越してフロントには36t-26tのダブルがついている。まあ林道メインだから大丈夫だろうということで、サクサク進むバイクでウォーミングアップと最終調整で軽く足を回しに出た。が…“サクサク進むつもり”は自分の頭の中だけで体はズッシ〜ン!…重い。筋肉に刺激を入れつつ、軽く汗をかく程度のペースで回すが疲労感は半端ない。

 スタートテントに行ってみるとゲレンデで下位の選手が上れずに押している列が出来ていた。自転車レースなのに登山になっている状態…。一気にギア比が心配になった。スタートラインでコミッセールに「グッドラック」と声をかけられ、内心「激坂ヒルクライムに幸運なんて無いやろ!」と思ったけど、怖そうなおじさんだったので笑って返した。

ひたすら漕ぎ続ける「下りのないコース」

 スタートから少し走った場所からすでにDHコースの逆走が始まり、いつもなら最終ギヤを使うところだが、まだ元気なのでダンシングを使いながら一気にクリアした。するとその先に濡れたシングルトラックが待ち構えていた。タイヤの空気圧も少し高めだったのが裏目に出て慎重に走らざるを得なかったが、わりとペース良く前の選手に追い付くことができた。

©AlpentourTrophy2017

 そのままペースを維持して走っていると見覚えのある林道が! ステージ1の最初の林道に出たようで、得意の緩い上りだ。ここでペースアップ…を試みるが続かない。重い体と相談しつつ、パイオニアのパワーメータとも相談。とにかくペダルを回して先へと進まなければ、この“下りのないレース”は終わらないのだ。

 ときおり現れる強勾配をダンシングでクリアする気力は残っていた。「XTC」はダイレクトにパワーを推進力に変えてくれてサクサク進む!このまま頑張れ〜と、体に言い聞かせるも失速…。この動作を繰り返しつつ、昔何かの本で読んだ「ヒルクライムはダンシングとシッティグを交互に…」という余計な一文が頭をよぎる。

 大きな林道に出ると、応援に駆け付けた人や、ハイキングのついで(?)に遭遇したから応援している人、色々な人が居た。そして皆、僕ら選手を見て声を掛けてくれる。応援は本当に心を復活させてくれる!が、「声が届く範囲に限られたパワーの復活だな」とか、タレてきたら本当に要らん事ばかり頭に浮かぶものだ。

ついに底を尽きた体力

 ミドルステーションといわれるゴンドラの中間駅を通過し、後半に突入すると見えてきたのは壁のような斜面からシングルトラックへ上る1本の激坂…。どれほど続くのだろう!?と思いつつダンシングで一気にパワーを掛けてクリアすると、上ったその先に果てしなく見えない所まで続いている激坂が見えた。「絶対に押さずに上らないと…」と思う。

©AlpentourTrophy2017

 本当に押しそうな角度の激坂では前を走る選手が押しているのを見ると自分も押してしまいそうになる。渾身のパワーを掛けて前に進むも、もう筋力が悲鳴を上げて上半身も終了…。メーターを見ると悲しくなる時速4kmの表示…。フラフラしながら激坂を上っていると、西山にパスされたがもうギヤも足りない。やっとの思いで激坂エリアをクリアすると、なんでもない緩い林道でも全く踏めない状態で、俗にいう「終わってる」状態に陥っていた。

 もう、回せるだけ回して進めるだけ進むしかない…。残り2kmが終わらない2kmのように感じ、後ろから来る選手に抜かれても為す術もない。最終200m辺りから観客が増えてきて、ラスト100mは大観衆の中ようやくゴールした…。そしてヨーロッパの観客は誰に対しても暖かく、熱狂的だ。最高潮の盛り上がりの中、ボロボロでゴールラインを切り、僕のアルペンツアーが終わった。これほどまでに激坂を上った記憶は過去には無い…。

また挑戦したいレース

 ゴール後に西山と合流し、「半端なかったな〜この坂」と2人で笑い合う(笑)。そして補給をとって、普通ならばマウンテンバイクパークのご機嫌な下りを行くのだろうが、2人で即断!ゴンドラで下りる(笑)。

表彰台を飾った選手たち。1位、2位はオーストリア人、3位はイタリア人の選手 ©AlpentourTrophy2017

 この2人に迷うことなくゴンドラを選択させるアルペンツアートロフィーは、4日間で実に196kmもの山岳地帯を走り抜け、9500mも上る鬼のようなコースだった(計算してみて、どうせならあと500m足して10000mにしたら良いのに!ってまた余計なことを考える、笑)。

 この大会が人気な理由は、全てが完璧に運営されていて選手が苦しくも楽しめること。そしてこれが挑戦して何とか走れ、楽しいと思えるギリギリのラインなのだろう。激坂嫌いだけど、また参加したいレースの1つとなったことは間違いない。

4日間の戦いを終えて至福の表情を浮かべる西山靖晃 ©AlpentourTrophy2017

 レース後はいつものルーティン。マッサージのサロンに行ってアロマケアを受ける!毎日通って仲良くなったので休みのはずの日曜も開けてくれていた(ヨーロッパはリピーターに優しい!)。

 さて、男2人が効率的に使った部屋は想像を絶する散らかりよう…。片付けて明日の出発に間に合うのか?不安でもあるが「何とかなる(笑)」を合い言葉に、明日はドロミテを目指す。

⇒<10>「オーストリアで日本人ダウンヒラーと遭遇 世界に挑戦する同志たち」

門田 基志門田 基志(かどた・もとし)

1976年、愛媛県今治市生まれ。世界最大の自転車メーカー、ジャイアント所属のMTBプロライダー。選手として国内外のレースに参戦する一方、レース以外のサイクリングツアーも展開。石鎚山ヒルクライム、サイクリングしまなみなど数多くの自転車イベントを提案し、安全教室の講師やアドバイザーも務めるなど、自転車文化の発展に奔走している。

関連記事

この記事のタグ

門田基志の欧州クロスカントリーマラソン遠征記

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

新春初夢プレゼント2018

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載