スマートフォン版はこちら

title banner

【Teamユキヤ通信】ツール・ド・フランス2017 第13ステージ新城幸也、序盤から動くも逃げはならず 明日はアマ時代の本拠地から「逃げたいね!」

by 飯島美和 / Miwa IIJIMA
  • 一覧

 7月14日に行われたツール・ド・フランス第13ステージで、新城幸也(バーレーン・メリダ)は先頭から15分41秒差の大集団で102位ゴール、個人総合では113位につけている。

レース前半、積極的に前方で逃げを狙う新城幸也 Photo: Miwa IIJIMA

 フランス革命記念日を迎えたこの日、101kmと距離は短いものの、3つのカテゴリー1級山岳が設定された厳しいコースレイアウト。ミディピレネーの山岳コースは、新城にとってはアマチュア時代を過ごし、選手として育った場所でもあるという。

レース後は毎日インタビューに応じている新城幸也 Photo: Miwa IIJIMA

 レース序盤から新城は逃げに乗るために積極的な動きをみせたが、この日も逃げは成功しなかった。新城は「もう少しで決まるかと思うところまで行ったが、集団が最初の上りで追いついてきて、そこで今日は逃げられないと察知した。そこからは時間制限内にゴールできるように走った」と激しい攻防を振り返った。

 プロらしくレース後半は気持ちと体を切り替えた新城。翌第14ステージに向けて、「明日はアマチュア時代のチームの地元、ブラニャックがスタート地点。知り合いもたくさん応援に来てくれるので、チームから逃げの許可が出たら、逃げたいね!」と意気込んでいる。

関連記事

この記事のタグ

ツール・ド・フランス2017 ツール2017・ユキヤ通信 新城幸也

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載