スマートフォン版はこちら

新製品情報2017シェイクスからビアンキ公式レバーフードが登場 直営店、オンラインストアで販売

  • 一覧

 シマノ・STI用のカスタムパーツ「シェイクスフード」にビアンキ公式モデルが登場した。「BIANCHI」ロゴが入るほか、イメージカラーの“チェレステ”グリーンのカラーリングが施され、ビアンキユーザーは必見のパーツとなっている。現在、ラインナップされるのはST-6800、ST-5800用で、ビアンキの直営店か、公式オンラインショップでのみ購入が可能だ。

ビアンキ公式アイテムとしてラインナップされるシェイクスフード(写真はトリコローレ版) Photo: Shusaku MATSUO

イタリア本国でチェックした公式ライセンス品

ビアンキ青山の店内にはロードバイクからクロスバイク、小径車まで並ぶ Photo: Shusaku MATSUO

 シェイクスフードはメイド・イン・ジャパンの品質にこだわったシマノ・STI用カスタムパーツ。常に手を置き、握り込むパーツだからこそ、身体に馴染む製品をラインナップしている。シマノ純正品よりさらにグリップを増したというラバーは、凹凸を設けてしっかりとした握り心地を実現。UCIコンチネンタルチームの那須ブラーゼンもシェイクスフードを採用している。

チェレステカラーにペイントされたシェイクスフード ©BIANCHI

 ビアンキが公式にライセンスを付与するにあたり、シェイクスフードをイタリア本国へと配送。厳しいクオリティチェックを通過したのち、直営店のみでの販売が許可された。施されるチェレステも純正色で、ビアンキユーザーは安心して交換することが可能だ。用意されたモデルは、チェレステカラーで彩られたものと、チェレステに加えてイタリア国旗をイメージしたトリコローレが施された2種類。それぞれ、日本で職人がひとつひとつ丁寧に色付けしたこだわりの一品だ。ラインナップされる製品はシェイクスフードのソフトタイプとなる。

スタジオも併設され、納車時のポジション合わせや講座が開かれる Photo: Shusaku MATSUO
ビアンキ公式アイテムは本国での厳しいチェックの後、店頭で並ぶ Photo: Shusaku MATSUO
「手軽なカスタムパーツとしてロードに乗っているお客様から人気です」と話す林賢店長 Photo: Shusaku MATSUO

 ビアンキストア青山の林賢店長は「ビアンキのグレードアップパーツはどれも厳しいチェックを受けて店頭に並んでいます。シェイクスフードはカスタマイズとしてビアンキユーザーにとても人気です。手軽に、見た目と性能のグレードアップを図れるので、ロードバイクに乗るお客様から好評です」と話している。

シェイクスフード×ビアンキ
税抜価格:3,500円
製品互換:6800(アルテグラ)、5800(105)、4700(ティアグラ)シリーズのシマノSTIレバー
重量:ペア42g(+/-5%)

関連記事

この記事のタグ

サイクルパーツ シェイクス ビアンキ 新製品情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載