前の写真へ 次の写真へ 拡大する

果敢な独走で掴んだ全日本タイトル畑中勇介「勝利の確信はラスト500m」 最終周回で落車した別府史之は意地の走りで2位

2017/06/25 20:26更新

「一番強かったのは畑中選手。NIPPOは上手く走れたが、判断ミスと落車などのトラブルが致命的だった」と振り返る小林海(NIPPO・ヴィーニファンティーニ) Photo: Shusaku MATSUO
  • 一覧