果敢な独走で掴んだ全日本タイトル畑中勇介「勝利の確信はラスト500m」 最終周回で落車した別府史之は意地の走りで2位

by 松尾修作 / Shusaku MATSUO
  • 一覧

 名実ともに“日本一”を決める戦い、全日本選手権男子エリートが青森県階上町で6月25日に開催され、有力選手も顔を歪めた200km超のレースを制したのは、果敢にアタックを仕掛け、独走でゴール地点に帰ってきた畑中勇介(チームUKYO)だった。注目された別府史之(トレック・セガフレード)は最終局面で落車しながら意地を見せ2位に、3位はチームワークを生かした木村圭佑(シマノレーシング)が入った。

男子エリート表彰。左から2位の別府史之(トレック・セガフレード)、優勝し、バースデーウィンを愛娘に贈った畑中勇介(チームUKYO)、3位の木村圭佑(シマノレーシング) Photo: Noriko SASAKI

国内外のトップ選手が集結

階上町長を先頭に男子エリートがスタート Photo: Noriko SASAKI

 年に一度、ビッグタイトルをかけた全日本選手権の注目度は高い。優勝者のみが日本ナショナルチャンピオンジャージを獲得し、1年間着用する権利を得ることができる。国内のみならず、海外で活動する選手も多く全日本選手権に向けて帰国。UCIワールドツアーを主戦場とする別府や、プロコンチネンタルチームのNIPPO・ヴィーニファンティーニ勢、UCIアジアツアーでランキングトップのチームUKYO勢など日本人トップ選手たちが集った。

高低差が激しく、サバイバルな展開となった男子エリート Photo: Noriko SASAKI
棚田が広がる広大なコースを進む集団 Photo: Noriko SASAKI

 スタートラインに並んだ119人の選手たちは朝8時、全210kmのレースへとペダルを漕ぎ始めた。前日のU23、女子エリートのレースに使用されたのと同じコースで、中盤に大きな上りを含む1周14km。起伏の厳しさから個の力量がはっきりと表れ、有力選手の激しいアタック合戦に後方では脱落者が続出した難コースだ。

昨年王者が落車で骨折しDNFに

 レースがリアルスタート切ると途端に波乱の展開となる。昨年の王者で、今年も優勝を狙っていた初山翔(ブリヂストンアンカー サイクリングチーム)がチームメイトの堀孝明を発端とする落車で鎖骨を骨折しリタイアした。このトラブルに岡篤志(宇都宮ブリッツェン)も巻き込まれ鎖骨骨折しバイクを降りた。集団前方寄りで起きたクラッシュのため、後方では多くの選手が足止めとなり、1周目からメイングループが割れる荒れたスタートとなった。

 しかし、落ち着きを取り戻した選手たちは次第に合流。アタックを繰り返しながらも再び大きな集団を形成した。3周目には高木三千成(東京ヴェントス)が単独で逃げて集団はこれを容認。その後、高木は吸収されたが、西村大輝(シマノレーシング)が単独で飛び出しレースをリードした。大きな展開がないままレースは半分を終えることとなる。

終盤の展開のきっかけとなる逃げを打った才田直人(リオモ・ベルマーレ レーシングチーム) Photo: Noriko SASAKI
遅れを取り戻すため、追走グループを牽引する別府史之(トレック・セガフレード) Photo: Shusaku MATSUO

 残り7周に入ると才田直人(リオモ・ベルマーレ レーシングチーム)がアタックし、椿大志(キナンサイクリングチーム)、鈴木龍(ブリヂストンアンカー サイクリングチーム)、雨澤毅明(宇都宮ブリッツェン)が追いつき4人が逃げ集団を形成した。2分を超えるアドバンテージを築いた逃げグループは順調に距離を消化。一方のメイングループでは時折、アタックが散発し足が試される場面がみられた。

 残す距離は4周となり、逃げメンバーが吸収される頃、優勝候補の別府が上りで遅れをとり、追走集団を牽引せざるをえない状況が生まれる。しかし、平坦路で復調し、踏みに入った別府は、高岡亮寛(ロッポンギエクスプレス)とともにメイングループへと追いついた。

ラスト3周回で抜け出し、小集団をリードする土井雪広(マトリックスパワータグ)ら Photo: Noriko SASAKI

 走行距離が200kmに迫り、終盤に突入すると、前方の有力選手でさえ上りでは顔を歪める。だが、土井雪広(マトリックスパワータグ)は“激坂”区間も表情を変えずにハイペースを維持。畑中、森本誠(イナーメ信濃山形)、鈴木、湊涼(シマノレーシング)と抜け出しに成功し、5人がラスト3周を進んだ。後方では入部正太朗(シマノレーシング)、平塚吉光(チームUKYO)、石橋学(ブリヂストンアンカー サイクリングチーム)らが土井らを追い、さらにその後ろには小林海、小石祐馬のNIPPO・ヴィーニファンティーニ勢と別府が控え、小石がブリッジを試みるなどの動きをみせた。

上りをテンポで走る別府史之(トレック・セガフレード)ら Photo: Noriko SASAKI
土井らのグループにブリッジをかける小石祐馬(NIPPO・ヴィーニファンティーニ)だったが、すでに畑中は独走態勢に入っていた Photo: Shusaku MATSUO

 ラスト2周回を前に、長い上り区間が終わり、緩やかなアップダウンが始まる区間で仕掛けたのが畑中。「先頭で誰かが引かないと(集団の)スピードが乗らず、周りが躊躇した隙をついた」と後に話した畑中は果敢に飛び出し、独走を続けラスト1周の鐘が鳴るゴールラインへと帰ってきた。後方では土井らのグループと、NIPPO、別府、シマノレーシングが形成する集団が畑中を追う。しかし、土井グループから約2分先を走る畑中の背中はなかなか見えない。

最終局面へと備えるメイングループ Photo: Noriko SASAKI
独走状態でラスト周回に入る畑中勇介(チームUKYO) Photo: Noriko SASAKI

 上り区間に差し掛かる頃、シマノレーシングの西村、入部がアタックを仕掛け、別府がそれに続いた。しかし、別府が下りで単独落車し、バイク交換などで遅れ、2人が先行。後方では小林がアタックを繰り返し、その動きをチェックした木村がチームメートへのブリッジを試み、小林とともに前方の2人に合流。4人で畑中を追走した。

 しかし、ペースが落ちない畑中はさらにリードを広げる勢いで快走。強豪選手の追従を許さず、大勢の観客が見守るゴールエリアへ戻ってきた畑中は喜びをあらわにしながらフィニッシュ。自身初の全日本選手権男子エリート優勝を果たした。

雄叫びをあげゴールを果たす畑中勇介(チーム UKYO) Photo: Noriko SASAKI

 2位争いは熾烈を極め、シマノ3人と小林のアタック合戦が開始。終盤まで多くの選手を残したシマノレーシングの優位は揺らぐことがなく、小林は粘った末に敗れた。しかし、追走集団が追い上げゴール目前でシマノ勢に迫った。木村はラスト150mで仕掛けたが、別府が伸び、上りスプリントで木村をかわし集団の頭をとった。3位には木村が入っている。

2位争いのスプリントは、シマノ勢をキャッチした別府史之(トレック・セガフレード)が頭を取る Photo: Noriko SASAKI
落車しながらも2位に入った別府史之(トレック・セガフレード) Photo: Shusaku MATSUO

 優勝した畑中は「ラスト周回で後方との差が広がったことは驚いたが、ゴールまで2kmを切っても正直怖かった。落車やパンク、脚をつったらなど悪いことが頭によぎりました。優勝を確信したのは500mを切ってから。この競技は大好きだが、全日本は緊張するから嫌い。それくらい欲しかったタイトル。アジアランキング首位のチーム員としてジャージを獲得できたことに喜びを感じます」と晴れやかな表情を見せた。

 また、「今までは別府選手や新城選手など先輩方がこのタイトルを手にしてきたが、昨年、後輩の初山が優勝したことがモチベーションとなりました。『自分は一番強い選手ではなかったけど、勝ったのは僕』という言葉が耳に残っている」と明かした。

「一番強かったのは畑中選手。NIPPOは上手く走れたが、判断ミスと落車などのトラブルが致命的だった」と振り返る小林海(NIPPO・ヴィーニファンティーニ) Photo: Shusaku MATSUO
「ベストコンディションで臨んだが、畑中選手に追いつくことはできなかった」とコメントした別府史之(トレック・セガフレード) Photo: Shusaku MATSUO

 最終周回に落車しながらも2位に入った別府は「ベストコンディションで臨んだレース。最後は順位を気にすることなく畑中選手を追ったが、追いつくことはできなかった」と振り返り、チーム単位で走る他の選手に、単騎で臨んだことに対しては「平均スピードを上げる動きで対応しました。上りはテンポで上った、平坦は一定ペースを守り、なるべく他の選手の脚を削りたかった。逃げができても前との差を広げすぎず、大きな逃げを作らないように潰す動きを積極的に行いました」とコメントした。

 3位の木村はチームワークが実った結果。完走した20人中5人がシマノレーシングで、駒数が最終局面に与えた影響は大きい。「小林選手をチェックで潰し、前を追わせる形でスプリントへと挑んだ」と、先手を打った西村らの動きに応えた形となった。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

全日本ロード2017

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載