スマートフォン版はこちら

DNF続出の全日本選手権女子エリート・與那嶺恵理「楽に走れた」、男子U23は横山航太「プラン通り」実力者が制す

by 松尾修作 / Shusaku MATSUO
  • 一覧

 青森県階上町で6月24日に開催された全日本選手権U23と女子エリートはナショナルチャンピオンシップらしいハードなコースで行われ、予想通りのサバイバルな展開となった。U23はアタック合戦の末に実力者3人が最終周回でしのぎを削り、上りのスプリントを周到な準備で臨んだ横山航太(シマノレーシング)が制した。女子エリートは連覇がかかる與那嶺恵理(エフデジ・ヌーヴェル=アキテーヌ・フチュロスコープ)が他を圧倒。レース距離半分を残して独走態勢に入り、2位の唐見実世子(弱虫ペダルサイクリングチーム)に7分以上の差をつけて優勝した。再び日の丸ジャージに袖を通した結果となった。

TTに続き連覇を達成した與那嶺恵理(エフデジ・ヌーヴェル=アキテーヌ・フチュロスコープ) Photo: Noriko SASAKI

“DNF”が続出するサバイバルレース

女子エリートがスタート Photo: Noriko SASAKI

 1周14kmで設定された青森県階上町のコースはレース前、多くの選手から「相当にハード」という前評判が立った。学連のレースや、過去には全日本選手権のコースとして使用されており、サバイバルな展開が生まれ、完走者が少ない。24日午後にスタートを切った女子エリートのレースは、コースを8周する計112kmで争われた。

2周目に早くも4人になる先頭集団 Photo: Shusaku MATSUO

 レースが動いたのはわずか2周目に入った矢先のことだった。コース序盤で、本命の與那嶺がペースアップを図り、勢いそのままに上りに突入すると人数は約10人にまで絞られる。その後、與那嶺が厳しい上りで再びセレクションをかけペースを上げると、付いていけたのは唐見、福田咲絵(フィッツ)、中原恭恵の3人のみ。

3周目に2人となった先頭グループ Photo: Noriko SASAKI
田園風景のなか、独走する與那嶺恵理(エフデジ・ヌーヴェル=アキテーヌ・フチュロスコープ) Photo: Noriko SASAKI

 中原が遅れ、粘った福田も翌週に脱落すると、與那嶺と唐見のランデブーが始まった。しかし、唐見が與那嶺のペースに合わせられずに遅れると、與那嶺の独壇場。タイムトライアル選手権(TT)を制した実力を発揮し、後続との差を広げながら独走した。一方の後続はタイムアウトを宣告される選手が続出し、終盤、コースを走る選手は10人を下回る。前日のTTを2位で終えた梶原悠未(筑波大学)も足切りとなった。

TTに続き連覇を達成した與那嶺恵理(エフデジ・ヌーヴェル=アキテーヌ・フチュロスコープ) Photo: Noriko SASAKI

 最終周回も勢いを落とさず走りきった與那嶺は単独でフィニッシュラインを割り、高々とバイクを掲げて勝利を喜んだ。2年連続の女子ロードダブル制覇となった。

粘りを見せ3位に食い込んだ金子広美(イナーメ信濃山形) Photo: Noriko SASAKI
武井亨介コーチと喜ぶ與那嶺恵理(エフデジ・ヌーヴェル=アキテーヌ・フチュロスコープ) Photo: Noriko SASAKI

 ゴール後に與那嶺は「勝てたことにまずはホッとしています。連覇は嬉しいですね。ナショナルチャンピオンを手にすることはとても意味があります。チームもひとりチャンピオンがいるいないで写りが違いますし、海外への個人のアピールもできます。休息とTTへ向けてロードの上りはほとんど帰国後に練習していなかったので若干不安でしたが、1kgほど体重を落とすことができたので、厳しい上りでも楽に走れたと思います」と笑顔で応える。表情からは疲れを感じさせない余裕があった。

女子エリートの表彰。左から2位の唐見実世子(弱虫ペダルサイクリングチーム)、優勝した與那嶺恵理(エフデジ・ヌーヴェル=アキテーヌ・フチュロスコープ)、3位の金子広美(イナーメ信濃山形) Photo: Noriko SASAKI

 後方では唐見が7分18秒遅れでフィニッシュして2位となり、3位には金子広美(イナーメ信濃山形)が入った。38人の出走で、完走は6人のみ。力の差がはっきりと現れたレースとなった。

若手の登竜門に124人が出走

 24日朝に開催されたU23は、23歳以下の選手がタイトル獲得へ向けた激しい戦いが繰り広げられた。学連を走る大学生に加え、シマノレーシングやキナンサイクリングチームといったJプロツアー、UCIレースを走るチームも参戦。また、海外で活動する選手も多くエントリーし、次世代の担い手となるべく、登竜門へと臨んだ。

U23男子スタート Photo: Noriko SASAKI
上り区間をペースで走る集団 Photo: Noriko SASAKI

 序盤、集団内ではアタックが繰り返されたが、数十秒リードをするも吸収される展開が続いた。飛び出す選手が現れるも、渡邉歩(LaBande)や石上優大(AVC AIXOIS)、小野康太郎(ベロクラブメンドリジオ)、前日にU23タイムトライアル選手権を制した新城雄大(エカーズ)など海外で活動する選手や、U23アジアチャンプの岡本隼(愛三工業レーシングチーム)、中西健児(キナンサイクリングチーム)らが集団前方で走ると前との差が縮まる。後方ではコースの厳しさから続々とドロップしていき、周回を重ねるごとに人数を減らしていった。

人数が減った中盤以降、動きを見せる有力勢 Photo: Shusaku MATSUO

 この動きに学連で活躍する山本大喜、冨尾大地の鹿屋体育大学勢、中井唯晶、安田京介の京都産業大学勢、孫崎大樹(早稲田大学)、野本空(明治大学)らが同調。シマノレーシングの横山、水谷翔、小山貴大らも加わり、さらに攻防の激しさは増した。

 アタックの応酬となった終盤。逃げ続けていた野本が単独で最終周回へと突入した。後方からは山本と横山の2人が野本を追い、序盤の上り頂上でキャッチ。先手を打つべく果敢にアタックを繰り返す山本に対し、スプリントに持ち込みたい横山、それに続く野本という図式で距離を消化。勝負はラスト1kmから続く上り基調のスプリントへと持ち込まれた。

逃げを追い先頭を走る横山航太(シマノレーシング) Photo: Shusaku MATSUO
アップダウンが激しいコースが続く Photo: Noriko SASAKI
U23ゴールスプリントで先行する横山航太(シマノレーシング) Photo: Noriko SASAKI

 「スプリントに自信がなかったので、先に行こうと思った」と後に語った野本がラスト300mを切ってから先行してスプリントを開始。右から上がろうとした横山のラインを狭めるべく、フェンス側に体を寄せた。しかし、昨年のU23シクロクロス全日本選手権王者である横山のバイクコントロールテクニックが光り、ボディコンタクトをとりつつ耐え凌ぎながら逆に野本を弾いた。野本が失速した隙をついて加速した横山が伸びをみせ優勝。2位は野本、3位に山本が入った。

腕を高々と上げて優勝を喜ぶ横山航太(シマノレーシング) Photo: Noriko SASAKI

 優勝した横山は「2週間前から現地に入り合宿を行っていました。コースも試走を重ね、仕掛けるポイントは熟知していました。レース前から少人数のスプリントを狙っており、ラスト3人になった時点でプラン通りにレースを遂行できたと思った。野本と山本には申し訳ないが、スプリントで勝負をするためチェックを繰り返す形となりました。ゴールラインを越えるまでドキドキしたが、勝利をすることができた。チームメートの小山、水谷の働きは素晴らしく、チームワークが生きたレースでした」と語った。

2位の野本は「スプリント力に自信がなかったので、ゴール前では先行をした」と振り返った Photo: Shusaku MATSUO
ファイナルラップを攻めた山本大喜(鹿屋体育大学)は3位でフィニッシュ Photo: Noriko SASAKI
ゴール後に優勝の喜びを分かち合う横山航太と野寺秀徳監督 Photo: Shusaku MATSUO

 シマノレーシングの野寺秀徳監督は「チームが選手権を勝つのは私が勝利した2008年以来10年ぶり。チームは当時と変わり、育成チームとしての道を歩んでいますが、選手たちは給料が出ているプロ選手です。当然、学生には勝たなければならないですが、そう簡単にはいかないのは私も学生出身の選手だったのでよくわかっています。いつも隣で練習している相手がタイトルを取ったわけです。チームにとってとてもいい影響となるでしょう」とレースを振り返り、横山を評価した。

U23表彰。左から2位の野本空(明治大学)、優勝した横山航太(シマノレーシング)、3位の山本大喜(鹿屋体育大学) Photo: Noriko SASAKI

関連記事

この記事のタグ

全日本ロード2017

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

新春初夢プレゼント2018

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載