東海地方のシリーズ戦ロードレース阿曽圭佑が山本元喜とワンツーフィニッシュ キナンAACAカップ第6戦

  • 一覧

 東海地方で毎月開催されるロードレース「KINAN AACA CUP」(キナンAACAカップ)の2017年シリーズ第6戦が6月18日、三重県いなべ市の農業公園梅林公園の特設コースで行われた。トップ選手が走る1-1クラス(46km)は、終始レースをコントロールしたキナンサイクリングチームの山本元喜と阿曽圭佑が、最後は2人で逃げ切ってゴール。先着した阿曽圭佑(キナンサイクリングチーム)が優勝した。 (サイクルジャム)

後半抜け出したキナンサイクリングチームの2選手がワンツーフィニッシュ。地元の阿曽圭佑が優勝した Photo: cyclejam

山本が先行 厳しいレース展開に

 第6戦は普段行われている岐阜県海津市の長良川サービスセンターとは、場所を変えての開催となった。ホストを務めるキナンサイクリングチームからは山本、阿曽の2選手が参加。2kmを23周回する1-1クラスには、東海地区だけでなく関東、関西のトップアマチュアライダーが多く集まり観客を湧かせた。

1-1クラスのスタートライン、ホストチームのキナンサイクリングチームの2人が先頭に並んだ Photo: cyclejam

 最初の周回完了時に与えられるBUCYO COFFEEファーストラップ賞は山本が獲得。単独でしばらく逃げ続けるも、序盤ということもあり大きなメイン集団に飲み込まれる。

 しかしこの後も、上りと下りの連続するハードなコースが選手たちを苦しめ、短いアップダウンのインターバルに回復が追いつかず、耐えられない選手が一人、また一人と集団から遅れていく厳しい展開となった。

地元出身の阿曽が山本に合流し勝利

 しばらくの間、再び逃げ続ける山本と後続のメイン集団の構図が続く中、チームユーラシア・IRCタイヤの吉岡拓也や中京大の川嶋祐輔らがそれぞれ単独で山本に合流するシーンも見られたが、山本のペースについていくことができず、遅れてメイン集団に吸収されていった。

当日は東海地区の⾼校総体が同会場で開催され、多くのギャラリーが集まった Photo: cyclejam
山本元喜に追いついた川嶋祐輔(中京大) Photo: cyclejam
激坂区間を⾛る⼭本元喜 Photo: cyclejam
単独で山本元喜に追いついた吉岡拓也(チームユーラシア・IRCタイヤ) Photo: cyclejam

 その後、レースが動いたのは後半に入ってからとなった。阿曽が単独で山本に追いつくと、逃げるキナンサイクリングチームの2人は追走するメイン集団に追いつかれることなく、ゴールラインまで駆け抜けた。最後は地元三重県出身の阿曽に、山本がゴールを譲る形でワンツーフィニッシュを飾った。

⼭本元喜に追いつこうとアタックする佐藤⼤紀(中京大)。集団最後尾では阿曽圭佑がチャンスをうかがう Photo: cyclejam
山本元喜に阿曽圭佑(左)が合流 Photo: cyclejam
追走集団もわずか4人に Photo: cyclejam

第7戦も新会場で開催

 レース会場内には各スポンサーブースも設置された。ヨネックスのブースではバイク試乗会が、ウィンクレルのブースではノースウェーブのシューズの試し履きが行われた。また、ワコーズ(和光ケミカル)のブースではチェーン汚れや自転車とオイルの関係について、アスリチューン(隼)のブースではレース前後のエネルギー補給についてアドバイスを実施した。飲食は東海地域ではお馴染みとなったBUCYO COFFEEとCLTコラボブースが、人気の小倉カイザー、冷やしカレーうどんなど様々なメニューを提供。参加者の空腹を満たした。

 第7戦は7月8日(土)に、新たな会場として愛知県新城市の鬼久保ふれあい広場周辺の一般公道を使用した特設コースでの開催を予定している。

表彰を受ける阿曽圭佑 Photo: cyclejam
キッズフリーランを⼭本元喜が先導 Photo: cyclejam

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

AACAカップ ロードレース

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載