補助輪なしで走れたよ!親子で自転車に親しみ、安全検定も実施 吉祥寺で「チャリ検フェスタ」開催

  • 一覧
受講者親子にDVDを見せながら交通安全について説明する「チャリ検」代表の田中武一郎さん受講者親子にDVDを見せながら交通安全について説明する「チャリ検」代表の田中武一郎さん

 親子で自転車の安全な乗り方や楽しみ方に触れる「チャリ検フェスタ in 吉祥寺」が11月24日、東京都武蔵野市のむさしの市民公園で開かれ、地元の親子約200組が参加した。

 会場では「ルイガノ」など人気ブランドの最新モデル試乗、小学生向け自転車安全検定「チャリ検」の座学や実地走行、子ども向けのゲームなどが行われた。バスや電車での来場した親子には、キッズモデルの自転車が貸し出された。

 なかでも人気があったのは「補助輪をはずして乗ろう講座」。幼児が補助輪なしで乗れるようになるコツを、元MTBレーサーで「ルイガノストア吉祥寺」プロデューサーの竹本将史さんが伝授するもので、総勢約70人の親子が参加した。コツをつかみ、その日のうちに補助輪なしで乗れるようになった子どもの姿も。

「補助輪を外して乗ろう講座」に挑戦した子どもたち「補助輪を外して乗ろう講座」に挑戦した子どもたち

 参加した保護者からは、「上達するよいきっかけになった。もう一歩で乗れそうです」「お友達と一緒に練習したおかげでがんばれた」などと喜ぶ声が聞かれた。

会場内のコースで実地講習を受ける「チャリ検」受講者会場内のコースで実地講習を受ける「チャリ検」受講者
自転車を試乗する親子。クリスマス・プレゼントとして検討中とか…自転車を試乗する親子。クリスマス・プレゼントとして検討中とか…

※「チャリ検」とは
「自転車安全運転検定」の通称。吉祥寺のボランティア団体が企画し、吉祥寺で誕生した新しい検定で、今年6月に第1回が開催された。座学による講習に加え、公道を歩きながら危険なポイントをチェックし、交通ルールを教えるなど、地域に即した実践的な内容が特徴。受講者にはオリジナルの“運転免許証”が交付される。

◇           ◇

 武蔵野市の吉祥寺地区は“住みたい街ランキング”で常に上位に名が挙がるが、その人気と裏腹に、自転車事故の多さも都内で上位という。今年も上半期だけで112件の重大な自転車事故が発生し、事故防止が街全体の課題となっている。

 このため、吉祥寺エリアのフリーペーパー「リビングむさしの」(サンケイリビング新聞社発行)では、吉祥寺に「ルイガノストア」をもつアキコーポレーションの特別協賛を得て今年、自転車のマナー向上と事故防止を目的とした「KICHIJOJI SAFETY RIDE PROJECT」を始動させた。「チャリ検フェスタ in 吉祥寺」も、このプロジェクトの一環として開催された。
「KICHIJOJI SAFETY RIDE PROJECT」WEBサイト

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

セーフティーライド

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載