新製品情報2017コーダーブルームが軽量クロスバイク「レイル」シリーズの2018モデル先行発売

  • 一覧

 ホダカが展開するスポーツバイクブランド「KhodaaBloom」(コーダーブルーム)が、クロスバイク「RAIL」(レイル)シリーズから「レイル700」「レイル700A」「レイル700D」の2018モデルを発売した。レイルシリーズは重量剛性比に優れた素材をフレームに使用し、日本人の体格や用途に合わせて最適化された軽量クロスバイクだ。

コーダーブルーム「レイル700」(ブルー) ©KhodaaBloom

 2018モデルは駆動部や制動部に2017モデルより高いグレードのパーツを採用し、レイルシリーズの特長である軽さはそのままに、走行性能や操作性の向上を果たしている。通勤通学用途が多く見込まれるレイル700Aとレイル700Dは、夜間の安全性を高めるためにリフレクトタイヤを新たに標準装備した。周囲の光を反射することで、高い視認性を確保する。

なめらかな回転を持つNOVATECハブをホイールに採用 ©KhodaaBloom
光を反射するリフレクトタイヤを装備。視認性を高め、夜間の事故<br />を防ぐ ©KhodaaBloom

 レイル700は上位モデルゆずりのフレームを使用したクラス最軽量(※)クロスバイク。高品質のフレームとこだわり抜いたパーツ構成により、軽やかな走行感と走りやすさを両立したスタンダードモデル。
※国内販売中の10万円以下/前3段変速付きクロスバイクにおいて(2017年6月・ホダカ調べ)

 レイル700Aは、レイルシリーズの性能をより多くの人に味わってもらうために、クッションサドルや幅広のタイヤを搭載し、快適性や安定感を高めて初心者にも取り扱いやすくした1台。ディスクブレーキ搭載のレイル700Dは雨でもブレーキング性能が落ちにくく、リフレクト機能を持った幅広タイヤにすることで、日常用途でも使い勝手良く乗りこなせる。

クッション性が高く、安定感のあるサドル。お尻の痛みを和らげてくれる ©KhodaaBloom
雨でも確実に制動するディスクブレーキを搭載している ©KhodaaBloom
コーダーブルーム「レイル700」(ブラック) ©KhodaaBloom

■「RAIL700」
フレーム:AL6011 EASTL
フォーク:アルミフォーク
ドライブトレイン:SHIMANOALTUS
ブレーキセット:SHIMANO BR-T4000
ブレーキレバー:SHIMANO ML-520
タイヤ:MAXXIS Detonator700×28C
カラー:ブルー、レッド、ブラック、ホワイト
サイズ:400mm、440mm、480mm
重量:9.4kg(480mm)
税抜価格:60,000円

コーダーブルーム「レイル700A」(オレンジ) ©KhodaaBloom

■「RAIL700A」
フレーム:AL6011 EASTL
フォーク:アルミフォーク
ドライブトレイン:SHIMANO ALTUS+TourneyTX
ブレーキセット:TEKTRO J310AL
ブレーキレバー:SHIMANO ST-TX800
タイヤ:KENDA K1029 700X32Cリフレクトタイヤ
カラー:オレンジ、ライトブルー、ホワイト、ガンメタル
サイズ:400mm、440mm、480mm
重量:11.0kg(480mm)
税抜価格:45,000円

コーダーブルーム「レイル700D」(ダークブルー) ©KhodaaBloom

■「RAIL700D」
フレームAL6011 EASTL
フォークアルミフォーク
ドライブトレインSHIMANOALTUS+ALIVIO+Acera
ブレーキセットSHIMANO BR-M375
ブレーキレバーSHIMANO ST-M4000
タイヤKENDA K1029 700X32Cリフレクトタイヤ
カラーダークブルー、マットブラック
サイズ400mm、440mm、480mm
重量10.9kg(480mm)
税抜価格:63,000円

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

クロスバイク ホダカ 新製品情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載