スマートフォン版はこちら

新製品情報シマノスポーツカメラにANT+設定で自動録画対応のCM-1100、CM-2000登場

  • 一覧

 ANT+機器との連携機能やケースを必要としない防水・防塵機能、そして強力なブレ補正など「自転車での撮影に特化」した性能を持つシマノスポーツカメラシリーズに、高精細3K(WQHD 1440p)録画に対応し各機能をブラッシュアップした軽量コンパクトなスタンダードモデル「CM-1100」と、着脱式バッテリーやLCDモニターを搭載し、スマホ連動でのGPSオート録画にも対応したハイエンドモデル「CM-2000」が登場した。

新しく登場したシマノスポーツカメラ「CM-1100」(左)と「CM-2000」(右) Photo: Shusaku MATSUO

前モデルのデザインを継承した軽量コンパクトなフォルムの「CM-1100」

コンパクトさはそのままに、性能をブラッシュアップした「CM-1100」 Photo: Shusaku MATSUO

 前作「CM-1000」で好評だった軽量ボディとシンプルな構成はそのままに、内容をブラッシュアップしたCM-1100はブレ補正機能が追加されたほか、防水性能はハウジング無しで水深18mまで、使用出来るメモリーカード最大容量はMicro-SD128Gまでと大幅にベース性能が向上した。また、スピードやハートレート、ケイデンスからパワー、Di2などの各種ANT+センサーとの連携機能を刷新。条件をスマートフォンアプリ側で指定し設定、決められたタイミングで自動的に撮影を開始する「データリンク撮影」機能を搭載した。

 これによりサイクリング中にカメラの操作を気にすることなく、カメラが自動的に「アタックの場面」や「勾配のきついクライムポイント」などの狙った場面を記録出来るうえバッテリーやメモリー容量の無駄な消費を抑制し、効率的な運用が可能となった。

■CM-1100
税抜き価格:27,500円
重量:89g
バッテリー:内蔵式 950mAh
連続撮影時間:約1.5時間 ( Full HD 60fps )
防水:ハウジング無しで18m / 1時間
最大動画サイズ:2560 x 1440 /30fps

写真B シマノスポーツカメラ CM-2000 ©shimano

高精細3K録画と、スマホGPSマップ連携の自動録画に対応

アクセサリーブランド「PRO」のハンドルクランプなどを使い、車体に固定が可能 Photo: Shusaku MATSUO

 CM-1100が持つ特徴を備えつつ、さらに高性能で、また、着脱式リチウムイオンバッテリーやLCDモニターを採用した、ブランニューデザインのハイエンドモデルが「CM-2000」。前方投影面積を最小限に抑えた薄型ボディは103g(バッテリー含む)と軽量に仕上がっており、レースからロングライドまで様々な状況での撮影に活躍する。また、ANT+センサーベースでの自動録画機能に加え、このモデルのみスマートフォンのGPS情報とリンクして行う「GPSオートREC」に対応。スマートフォンで表示した地図上で開始と終了の位置を設定し、GPS位置情報を元に自動で録画が可能。

■CM-2000
税抜き価格:35,000円
重量:103g(バッテリー含む)
バッテリー:着脱式リチウムイオンバッテリー 700mAh
連続撮影時間:約1.2時間 ( Full HD 60fps )
防水:ハウジング無しで30m / 1時間
最大動画サイズ:2560 x 1440 /30fps

アプリと動画編集ソフトで管理も簡単に

カメラの設定はアプリで行い(左)、「SHIMANO Camera Editor」で簡単に編集が可能だ ©シマノ

 2種類ともにシンプルな設計のため本体には映像を映し出すモニターは無いが、スマートフォン向けコントロールアプリ「SHIMANO SPORT CAMERA APP」で様々な調整や設定が可能だ。画角の確認や撮影したビデオの視聴、撮影モードの切り替えからANT+機器との接続、さらには自動録画の詳細設定もこのアプリで行う。接続方式はwi-fiを用い、例えば「LIVEVIEW」モードで画角を調整しながらそのまま撮影を開始するなど、直感的な使い方が可能な構成となっている。iOSとAndroidに対応しており、共に公式アプリストアから無料でダウンロードが可能だ。

■SHIMANO SPORT CAMERA APP
対応OS:iOS8.x、9.0x以降, Android4.4以降,5.x,6.x
※全てのAndroid端末での動作を保証するものではありません。
配布サイト:App Store / Google play

 「シマノスポーツカメラ」シリーズは、撮影中にリンクしているANT+機器の出力するスピードやケイデンス、パワーなどのデータも併せて記録している。これを簡単に映像にオーバーレイ(画面上に表示)できるシマノスポーツカメラ専用動画編集ソフトが「SHIMANO Camera Editor」だ。映像と共に刻々と変化するライダーの状況を数値化して表示する事で、臨場感のある映像が手軽に作れるだけでなく走行の解析など多岐にわたる活用が可能。Windows版とMac版の2種が用意されており、どちらも下記のブランドサイトで無料で配布している。

■SHIMANO Camera Editor
対応OS: Windows 7 SP1 32bit/64bit, Windows 8.1 32bit/64bit Windows 10 32bit/64bit,
Mac OS X 64bit (10.10 – 10.12)
※SHIMANO Camera Editorを使用の際は、お使いのグラフィックボードのドライバーを最新版にする必要あり
※SHIMANO Camera Editorヘルプマニュアルに記載の”推奨PC”の仕様を満たさない場合、アプリケーションが正常に動作しない可能性あり。 “推奨PC”環境にて本アプリケーションの使用がおすすめ。

関連記事

この記事のタグ

カメラ サイクルアクセサリー シマノ 新製品情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載