ツール・ド・スイス2017 第3ステージ上りの集団スプリントをマシューズが快勝 総合リーダージャージも獲得

by 平井久美子 / Kumiko HIRAI
  • 一覧

 ツール・ド・スイスは6月12日、第3ステージがメンツィケンからベルンまでの159.3kmで争われ、スプリント争いを制したマイケル・マシューズ(オーストラリア、チーム サンウェブ)が優勝した。この勝利によって、総合首位に与えられるリーダージャージは、シュテファン・キュング(スイス、BMCレーシングチーム)からマシューズへと移った。

集団スプリントを制したマイケル・マシューズ(オーストラリア、チーム サンウェブ)がステージ優勝 Photo: Yuzuru SUNADA

 第3ステージは、20km、73km、144km地点に3級山岳が登場、ゴール前も上り基調になっているものの、基本的には平坦コース。大集団スプリントが予想された。

 レース序盤に抜け出したのは、山岳ジャージを保持するラッセノーマン・ハンセン(デンマーク、アクアブルースポーツ)とエルマール・ラインデルス(オランダ、ロームポット・ネーデルランセ ローテライ)の2人。逃げる2人が個人総合争いに関係しない為、メイン集団は当然のように逃げを容認、その差は最大で約8分にまで広がった。

集団先頭をコントロールするBMCレーシングチーム Photo: Yuzuru SUNADA

 レースの折り返しとなる約80km地点での逃げとメイン集団の差は約6分。依然として一定のタイムを保持したままレースは進む。メイン集団では、リーダージャージを保持するBMCレーシングチームやスプリント争いに備えるジョン・デゲンコルブ(ドイツ)擁するトレック・セガフレードといった有力チームが、虎視眈々とレースを進める。その後、約100km地点ではこのメイン集団に落車が発生。昨年の総合覇者ミゲルアンヘル・ロペス(コロンビア、アスタナ プロチーム)も巻き込まれた。

 レースが動いたのは、残り7kmを切ったあたり。ハンセンが最後の山岳ポイントを1位で通過した後だった。山岳ジャージを守る為に逃げ続けたハンセンはペースを緩め、メイン集団はスプリント争いに向けての準備を開始。BMCレーシングチームはキュングのジャージを守ると同時にグレッグ・ヴァンアーヴェルマート(ベルギー)でのステージ優勝を狙い、トレック・セガフレードらと集団先頭に隊列を組む。

リーダージャージを失ったキュング Photo: Yuzuru SUNADA

 残り3kmを過ぎたところでは、マシューズ、ペテル・サガン(スロバキア、ボーラ・ハンスグローエ)、マッテーオ・トレンティン(イタリア、クイックステップフロアーズ)、ミヒャエル・アルバジーニ(スイス、オリカ・スコット)も顔を出し、勝利を狙う。それぞれが互いの出方を伺いながら位置取りを続けていた。

 ゴールまで残り1.2km、最後の上りに差し掛かり勝負は大集団でのゴールスプリント争いへ。マシューズやサガン、デゲンコルブといった有力選手が争う中、勝利したのはマシューズだった。上りスプリントに強いマシューズの脚と、アシストのニキアス・アルント(ドイツ)の見事なリードアウトが勝利を呼んだ。

 首位のキュングは19秒差でゴールしたことで、総合12位まで一気に後退。マシューズはボーナスタイム獲得もあり、前日まで同タイムだったチームメイトのトム・デュムラン(オランダ)に10秒差をつけ、今大会初めてリーダージャージを手にした。

ステージ優勝のマシューズが総合首位のリーダージャージも獲得 Photo: Yuzuru SUNADA

第3ステージ結果
1 マイケル・マシューズ(オーストラリア、チーム サンウェブ) 3時間49分48秒
2 ペテル・サガン(スロバキア、ボーラ・ハンスグローエ) +0秒
3 ジョン・デゲンコルブ(ドイツ、トレック・セガフレード)
4 ティム・ウェレンス(ベルギー、ロット・ソウダル)
5 ミヒャエル・アルバジーニ(スイス、オリカ・スコット)
6パトリック・ベヴィン(ニュージーランド、キャノンデール・ドラパック)
7 アルテュール・ヴィショ(フランス、エフデジ)
8 マッテーオ・トレンティン(イタリア、クイックステップフロアーズ)
9 ヤン・バークランツ(ベルギー、アージェーデュゼール ラモンディアール)
10 ダミアーノ・カルーゾ(イタリア、BMCレーシングチーム)

個人総合
1 マイケル・マシューズ(オーストラリア、チーム サンウェブ)8時間18分47秒
2 トム・デュムラン(オランダ、チーム サンウェブ)+10秒
3 ペテル・サガン(スロバキア、ボーラ・ハンスグローエ)+11秒
4 ダミアーノ・カルーゾ(イタリア、BMCレーシングチーム)+19秒
5 ミヒャエル・アルバジーニ(スイス、オリカ・スコット) +20秒
6 パトリック・ベヴィン(ニュージーランド、キャノンデール・ドラパック) +22秒
7 マッテーオ・トレンティン(イタリア、クイックステップフロアーズ) +23秒
8 ジョン・デゲンコルブ(ドイツ、トレック・セガフレード)+24秒
9 ヨン・イサギレ(スペイン、バーレーン・メリダ)+25秒
10 マルク・ソレル(スペイン、モビスター チーム)+25秒

ポイント賞
1 マイケル・マシューズ(オーストラリア、チーム サンウェブ) 14 pts
2 ニコラス・ドゥーガル(南アフリカ、ディメンションデータ) 12 pts
3 エルマール・ラインデルス(オランダ、ロームポット・ネーデルランセ ローテライ)12pts

山岳賞
1 ラッセノーマン・ハンセン(デンマーク、アクアブルースポーツ) 33 pts
2 ニック・ファンデルレイス(オランダ、ロームポット・ネーデルランセ ローテライ) 20pts
3 アントワーヌ・デュシェーヌ(フランス、ディレクトエネルジー) 9 pts

チーム総合
1 チーム サンウェブ24時間57分04秒
2 BMCレーシングチーム +1秒
3 ボーラ・ハンスグローエ +8秒

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

UCIワールドツアー ツール・ド・スイス2017 ロードレース

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載