ツール・ド・スイス2017 第1ステージスイスアルプスでの“ツール前哨戦” オープニング個人TTはデニスが快勝

by 福光俊介 / Syunsuke FUKUMITSU
  • 一覧

 アルプス山脈のスイス側を舞台に行われるツール・ド・スイス(UCIワールドツアー)が6月10日に開幕。大会初日は第1ステージとして、6kmの個人タイムトライアルが行われ、ローハン・デニス(オーストラリア、BMCレーシングチーム)が勝利。今大会最初のリーダージャージ着用者となった。

オーストラリアのタイムトライアルチャンピオンジャージを着るローハン・デニスが初日の個人タイムトライアルを制覇 Photo: www.tds.ch

9日間の戦いが幕開け

 第81回を迎えたツール・ド・スイス。同時期に開催されるクリテリウム・ドゥ・ドーフィネ(フランス、UCIワールドツアー)と並び、“ツール・ド・フランス前哨戦”として名高い。アルプス山脈を巡る点ではドーフィネと同じだが、急峻なスイスアルプスで勝負が繰り広げられるとあって、その難易度はUCIワールドツアー随一。今年もツールでの活躍が期待される選手たちが集まった。大会は9日間で行われる。

 第1ステージは、スイス中部の街・シャムで6kmの個人タイムトライアルを実施。スタート直後から下り基調で、中盤に緩やかなアップダウンがあるものの、スピードのある選手たちでも難なくこなすことのできるレイアウト。ただし、90度コーナーやコースが狭い箇所があるなど、テクニックが要求されるセッティングとなっている。

 まず基準となったのは、ライアン・マレン(アイルランド、キャノンデール・ドラパック)の6分37秒。しばらくはこのタイムがトップに立ち続けた。

 順位が変動したのは、実力者がそろう後半スタートに入ってから。デニスが6分24秒でトップとなり、後に続く選手たちの走りを待つ。

 5月のジロ・デ・イタリアを制したトム・デュムラン(オランダ、チーム サンウェブ)はこの日の優勝候補と目されていたが、2.7km地点に設けられた中間計測でデニスから4秒遅れ。後半の走りもまとめたものの、フィニッシュタイムはデニスから9秒差に終わった。

 今大会注目の1人、ペテル・サガン(スロバキア、ボーラ・ハンスグローエ)も攻めの走りを見せたが、こちらもフィニッシュではデニスから15秒差。その後もタイムを更新する選手が現れず、トップタイムをマークした選手が座るホットシートをデニスが守り抜いた。

総合リーダージャージに袖を通したローハン・デニス Photo: www.tds.ch

 初日を制したデニスは個人総合とポイント賞でもトップに立ち、それぞれリーダージャージを手にしている。

 第2ステージは、この日と同じシャムを発着点とする172.7kmで争われる。1周約43kmのコースを4周回。各周の中盤に2級山岳が控え、上り終えたら発着点まで一気に下る。最終周回ともなれば、ステージ優勝を狙う選手たちがフィニッシュに向かってハイスピードのダウンヒルを展開することだろう。

第1ステージ結果
1 ローハン・デニス(オーストラリア、BMCレーシングチーム) 6分24秒
2 シュテファン・キュンク(スイス、BMCレーシングチーム) +8秒
3 マティアス・ブランドレ(オーストリア、トレック・セガフレード) +9秒
4 マイケル・マシューズ(オーストラリア、チーム サンウェブ) +9秒
5 トム・デュムラン(オランダ、チーム サンウェブ) +9秒
6 ヨナタン・カストロビエホ(スペイン、モビスター チーム) +11秒
7 ラルス・ボーム(オランダ、チーム ロットNL・ユンボ) +12秒
8 ライアン・マレン(アイルランド、キャノンデール・ドラパック) +13秒
9 スティーフェン・ラメルティンク(オランダ、チーム ロットNL・ユンボ) +14秒
10 マルティン・エルミガー(スイス、BMCレーシングチーム) +14秒

個人総合
1 ローハン・デニス(オーストラリア、BMCレーシングチーム) 6分24秒
2 シュテファン・キュンク(スイス、BMCレーシングチーム) +8秒
3 マティアス・ブランドレ(オーストリア、トレック・セガフレード) +9秒
4 マイケル・マシューズ(オーストラリア、チーム サンウェブ) +9秒
5 トム・デュムラン(オランダ、チーム サンウェブ) +9秒
6 ヨナタン・カストロビエホ(スペイン、モビスター チーム) +11秒
7 ラルス・ボーム(オランダ、チーム ロットNL・ユンボ) +12秒
8 ライアン・マレン(アイルランド、キャノンデール・ドラパック) +13秒
9 スティーフェン・ラメルティンク(オランダ、チーム ロットNL・ユンボ) +14秒
10 マルティン・エルミガー(スイス、BMCレーシングチーム) +14秒

ポイント賞
1 ローハン・デニス(オーストラリア、BMCレーシングチーム) 10pts
2 シュテファン・キュンク(スイス、BMCレーシングチーム) 8pts
3 マティアス・ブランドレ(オーストリア、トレック・セガフレード) 6pts

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

UCIワールドツアー ツール・ド・スイス2017 ロードレース

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載