初山翔、西薗良太らは連覇をかけ出場へ別府史之が全日本選手権ロードに3年ぶりエントリー 新城幸也は出場見送り

  • 一覧

 全日本自転車選手権大会ロードレースの選手リストが6月8日に発表され、ロードレース男子エリートでは別府史之(トレック・セガフレード)が3年ぶりにエントリー、新城幸也(バーレーン・メリダ)は出場を見送った。ロードレースと個人タイムトライアル(TT)には、ディフェンディングチャンピオンの初山翔と西薗良太(ともにブリヂストンアンカーサイクリングチーム)、女子エリートでは昨年2冠を達成した與那嶺恵理(エフデジ・ヌーヴェル=アキテーヌ・フチュロスコープ)が名を連ねている。

全日本選手権ロードレースにエントリーした別府史之 =リエージュ~バストーニュ~リエージュ、2017年4月23日 Photo : Yuzuru SUNADA

 今年の全日本選手権は、青森県階上町で6月23~25日に開催される。別府が出場すれば個人TTを制した2014年以来となるが、今年はロードレースのみ登録されている。UCIプロコンチネンタルチームのNIPPO・ヴィーニファンティーニは、2015年のチャンピオン窪木一茂や、昨年アンダー23で2冠を達成し今年からエリートに挑む小林海ら5人がレースに臨む。

 女子エリートは、EBウイルスによる伝染性単核球症を再発症し、レース活動を一時休止している萩原麻由子の名はリストになく、その他の国内外の有力選手はエントリーしている。

 全カテゴリーの選手リストは下記リンクから。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

全日本ロード2017

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載