門田基志の欧州XCマラソン遠征記2017<3>サイクリング環境のヒントが山積み “三国三様”のボーデン湖越境サイクリング<後編>

  • 一覧

 自転車の本場・ヨーロッパに1カ月間にわたって遠征中のマウンテンバイク(MTB)・クロスカントリー(XC)の門田基志選手(チームジャイアント)と、まな弟子の西山靖晃選手(焼鳥山鳥レーシング)。UCIのステージレースとクロスカントリーマラソン(XCM)のUCIシリーズ、そしてXCM世界選手権という長距離レース3連戦の合間を縫い、プロとして、またサイクリストとして見て感じた欧州自転車旅の様子をリポートします。

←<2>ボーデン湖を走る越境サイクリング<前編>

◇         ◇

オーストリアとスイスの国境。やはり簡単に越えられる。噂ではごく稀にパスポート提示を求められるらしいので、パスポートは所持した方が良い Photo: Motoshi KADOTA

 オーストリアからスイスに入ると、急にコースがハードになった。今まで走りやすかった平坦基調から小刻みなアップダウンと路地裏が始まった。でも、決して道を誤っているわけではない。サイクリングルートに対する考え方そのものが、オーストリアとは違うように感じた。とにかく甘くないのだ。

 そして僕らサイクリストに無闇に関わろうとしないというか、お互い干渉しない感じに、日本っぽい寂しさを感じることもしばしば。

未舗装路のサイクリングロードが多い。これがこのエリアでロード乗りをあまり見かけない理由だろう Photo: Motoshi KADOTA
国を超えても案内板は同じマークを使用している。サイクリストには本当に助かる Photo: Motoshi KADOTA

 さらには縦横無尽に分かれ始めたサイクリングロードをなんとなく直感で走っていたら、完璧に迷子に(笑)。「まあ走ってたら着くだろう」と適当に方角だけ合わせて走り続け、ルートに戻ってようやくローマンスホルン駅に到着した頃には暑さでボトルも空っぽになっていた。

 暑いとアイスクリームが食べたくなるのは誰しも思う欲求。ということで何も考えず気軽にアイスを注文したら…デカい!ここまで食べ物で大きさを感じなかったが、ここにきて突然の海外サイズが現れた。

あまりの暑さで吸い込まれたローマンスホルンのカフェで。頼んだアイスがデカかった! Photo: Yasuaki NISHIYAMA

 それ以上に驚愕するのはスイスの物価だ。駅構内のキヨスクで買ったミネラルウォーターも、日本なら100円以下で売っているサイズが日本円に換算すると550円と恐ろしい価格になる。このアイスクリームも日本円に換算すると…ここは敢えていわないでおこう。

 ちなみにここはスイス。EUでありながらユーロは使えない。独自通貨のスイスフランのみが通用する土地だ。国境を越えたときは国が変わったことをそれほど実感しなかったが、通貨が変わるとそのことをより強く実感する。

足を伸ばして歴史の街コンスタンツへ

サイクリングコースが多くて、実は迷子になる事もしばしば。いつの間にか山側に迷い込んで麦畑のサイクリングルートを散策 Photo: Motoshi KADOTA

 ここからゴールのフリードリヒスハーフェンに向かうフェリーが出ているので乗るか? それともその先にあるドイツの南端、コンスタンツまで走るのか? などと考える必要もなく、欲張りな僕らはコンスタンツに向けて再スタートを切った。

 ルートを検索し、またしても適当に走っていると感じの良いアップダウンの麦畑で“走れる感じ”のロードバイクの集団とすれ違った。「アンニョンハセヨ」と声を掛けられたけれど、日本人です!

スイスからドイツへ戻る国境もフリー Photo: Motoshi KADOTA

 スイスからドイツに入国する国境は、わりとイメージ通りで頑強そうな印象だったが、こちらもやはりゲートのみでこれまで通り素通り。あっけなくドイツに入国となった。

 コンスタンツの町は歴史ある街並みで、きれいなヨーロッパ的な建築物が多い。観光しつつ港を目指すものの、やはり重厚で美しい建築物に気がとられ、なかなか進むことができない。

コンスタンツの町並みはきれいで、滞在日を調整して宿泊してみたい Photo: Motoshi KADOTA
ボーデン湖に沈む夕日 Photo: Motoshi KADOTA
分かりやすい路面標示。「CH」はスイス・チューリッヒへ Photo: Motoshi KADOTA

 ドイツに入ると親切に路面表示や看板が増え、道に迷うことなくスムーズに自転車が進む。港に到着すると、誘導の人の指示でそのままバイクを下りることなく乗船。出航直前のフェリーが着いていて、待ち時間無しで出航した。料金は出港後に掛かりの人が回ってきて支払うという、瀬戸内の渡船スタイルと同じだ。

時間切れでコンスタンツから対岸へフェリーでワープ Photo: Motoshi KADOTA

 メールスブルグの港に到着した時点ですでに20時を越えていたが、21時過ぎまでは明るく、普通に走ることができた。ここで空腹感はMAX。口数も少し減り気味でフリードリヒスハーフェンの港に到着。夕飯は空腹に任せてメニューを注文してしまったため、かなり頼み過ぎてしまったが美味しかったので良し。明日からダイエットすることを誓い、レストランをあとにした。

 寒く、暗くなった道をホテルに向かい、楽しくも長い一日が終わった。ボーデン湖サイクリングには、日本が今後必要とするであろうサイクリング環境のヒントなど山積みだった。明日のオーストリアへの大移動に向けて荷物をまとめ、心地よい疲れと時差ぼけのなか就寝となった。

⇒<4>美しくも厳しいUCIステージレース「アルペンツアー」

門田 基志門田 基志(かどた・もとし)

1976年、愛媛県今治市生まれ。世界最大の自転車メーカー、ジャイアント所属のMTBプロライダー。選手として国内外のレースに参戦する一方、レース以外のサイクリングツアーも展開。石鎚山ヒルクライム、サイクリングしまなみなど数多くの自転車イベントを提案し、安全教室の講師やアドバイザーも務めるなど、自転車文化の発展に奔走している。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

門田基志の欧州クロスカントリーマラソン遠征記

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載