クリテリウム・デュ・ドーフィネ2017 第2ステージ伸びのあるスプリントでデマールが勝利 新城が終盤の集団牽引で存在感

by 平井久美子 / Kumiko HIRAI
  • 一覧

 クリテリウム・デュ・ドーフィネは6月5日、第2ステージがサンシャモンからアルランまでの171kmで争われ、ゴールスプリントを制したアルノー・デマール(フランス、エフデジ)がステージ優勝を飾った。個人総合に与えられるマイヨジョーヌは、トマス・デヘント(ベルギー、ロット・ソウダル)がキープ。また、日本の新城幸也(バーレーン・メリダ)は133位、別府史之(トレック・セガフレード)は落車に巻き込まれたものの170位でゴールしている。

クリテリウム・デュ・ドーフィネ第2ステージでスプリントを制したアルノー・デマール Photo: Yuzuru SUNADA

スプリントに備えたエフデジ

 第2ステージは、序盤に3級山岳、中盤には2級、3級、4級山岳が連続して登場。残り30kmから始まる周回コースでも山を越え、ラスト1kmもやや上り基調という、前日に続いて厳しいステージとなった。スプリンターがいかに脚をためて山を越え、ゴールスプリントに備えられるかがポイントとなった。

ネイサン・ブラウン(先頭)らの逃げ集団 Photo: Yuzuru SUNADA

 レース序盤に抜け出したのは、アレクセイ・ルツェンコ(カザフスタン、アスタナ プロチーム)、クーン・ボウマン(オランダ、ロットNL・ユンボ)、ミカエル・ドゥラージュ(フランス、エフデジ)、ネイサン・ブラウン(アメリカ、キャノンデール・ドラパック)、ロマン・コンボー(フランス、デルコ・マルセイユ プロヴァンス・カエテム)の5人。しかしドゥラージュは、ゴールスプリント争いを狙うチームの作戦のためか、すぐにメイン集団にリターン。逃げ集団は4人となった。

 一方、メイン集団は、リーダーチームのロット・ソウダルがコントロール。逃げ集団とメイン集団の差は、1分から1分半に保たれたままレースは進んでいった。

混戦のスプリント

 残り約30km地点で、逃げのボウマン、ブラウン、ドゥラージュが脱落。逃げはルツェンコのみとなり、ここから各チームゴールスプリントに向けて、動きが活発になった。新城が単独でメイン集団を引き、その付近で、エースのエドヴァルド・ボアッソンハーゲン(ノルウェー、ディメンションデータ)での優勝を狙うディメンションデータやディレクトエネルジー、さらにリーダーチームのロット・ソウダルが、集団での位置取りを試みレースをコントロールした。

集団を牽引する新城幸也 Photo: Yuzuru SUNADA

 一方、総合争いの有力選手、レオポルド・ケニッグ(チェコ、ボーラ・ハンスグローエ)は残り14km地点で集団から遅れ、早くも脱落となった。

 残り10kmを切ると、粘りの逃げを見せたルツェンコとメイン集団の差は徐々に縮まりはじめ、3km地点でとうとう集団が吸収。勝負はゴールスプリントとなった。残り約300m、チームも大人数での隊列を組むことができずに、入り乱れた状態でスプリントをスタート。

第2ステージで勝利を飾ったアルノー・デマール Photo: Yuzuru SUNADA

 その中で、アレクサンドル・クリストフ(ノルウェー、カチューシャ・アルペシン)が、中央の好位置からスプリントしたが伸びが足りず。一方、その右からジャコポ・グアルニエーリ(イタリア、エフデジ)がデマールを発射。絶妙なタイミングと圧倒的なスプリント力で、デマールが1番にゴールゲートをくぐり抜けた。

第2ステージ結果
1 アルノー・デマール(フランス、エフデジ) 4時間13分53秒
2 アレクサンドル・クリストフ(ノルウェー、カチューシャ・アルペシン) +0秒
3 ナセル・ブアニ(フランス、コフィディス ソリュシオンクレディ) +0秒
4 ソニー・コルブレッリ(イタリア、バーレーン・メリダ) +0秒
5 フィル・バウハウス(ドイツ、チーム サンウェブ) +0秒
6 エドヴァルド・ボアッソンハーゲン(ノルウェー、ディメンションデータ) +0秒
7 ベン・スウィフト(イギリス、UAE・チームエミレーツ) +0秒
8 パスカル・アッカーマン(ドイツ、ボーラ・ハンスグローエ) +0秒
9 アルベルト・ベッティオール(イタリア、キャノンデール・ドラパック) +0秒
10 ブライアン・コカール(フランス、ディレクトエネルジー) +0秒
133 新城幸也(日本、バーレーン・メリダ) +0秒
170 別府史之(日本、トレック・セガフレード) +9分57秒

個人総合(マイヨジョーヌ)
1 トマス・デヘント(ベルギー、ロット・ソウダル) 8時間30分47秒
2 アクセル・ドモン(フランス、アージェーデュゼール ラモンディアール) +48秒
3 ディエゴ・ウリッシ(イタリア、UAE・チームエミレーツ) +1分3秒
4 ピエール・ラトゥール(フランス、アージェーデュゼール ラモンディアール) +1分7秒
5 エマヌエル・ブッフマン(ドイツ、ボーラ・ハンスグローエ) +1分7秒
6 ソニー・コルブレッリ(イタリア、バーレーン・メリダ) +1分9秒
7 ベン・スウィフト(イギリス、UAE・チームエミレーツ) +1分9秒
8 アルベルト・ベッティオール(イタリア、キャノンデール・ドラパック) +1分9秒
9 トニー・ガロパン(フランス、ロット・ソウダル) +1分9秒
10 ジュリアン・シモン(フランス、コフィディス ソリュシオンクレディ) +1分9秒
116 新城幸也(日本、バーレーン・メリダ) +8分17秒
167 別府史之(日本、トレック・セガフレード) +23分15秒

ポイント賞(マイヨヴェール)
1 ソニー・コルブレッリ(イタリア、バーレーン・メリダ) 32 pts
2 トマス・デヘント(ベルギー、ロット・ソウダル) 25 pts
3 アルノー・デマール(フランス、エフデジ) 25 pts

山岳賞(マイヨアポワ)
1 トマス・デヘント(ベルギー、ロット・ソウダル) 17 pts
2 クーン・ボウマン(オランダ、ロットNL・ユンボ)9 pts
3 ロマン・コンボー(フランス、デルコ・マルセイユ プロヴァンス・カエテム)6 pts

新人賞(マイヨブラン)
1 ピエール・ラトゥール(フランス、アージェーデュゼール ラモンディアール) 4時間18分1秒
2 エマヌエル・ブッフマン(ドイツ、ボーラ・ハンスグローエ) +0秒
3 アルベルト・ベッティオール(イタリア、キャノンデール・ドラパック) +2秒

チーム総合
1 ロット・ソウダル 12時間53分10秒
2 アージェーデュゼール ラモンディアール +42秒
3 UAE・チームエミレーツ +57秒

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

UCIワールドツアー クリテリウム・ドゥ・ドーフィネ2017 ロードレース

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載