ハンマーシリーズ スポートゾーン・リンブルフ初日ハンマークライムはモビスター優勝 ベタンクールが大活躍、NIPPOも存在感

by 米山一輝 / Ikki YONEYAMA
  • 一覧

 UCIワールドチーム自身による新しい自転車ロードレース「ハンマーシリーズ スポートゾーン・リンブルフ」が6月2日、オランダ・リンブルフ州で開幕し、初日の「ハンマークライム」ではモビスター チームが、カルロスアルベルト・ベタンクール(コロンビア)の大活躍で、記念すべき最初の優勝に輝いた。

ワールドチーム自身が作る「新しいロードレース」

 ハンマーシリーズは、2011年にUCIワールドチーム10チームが合同で設立した「Velon」(ヴェロン)が主催。レース開催による利益が直接的に出場チームに還元できる仕組みを目指し、伝統的なサイクルロードレースに比べ、「テレビ視聴に適した短い競技時間」「会場で何度も選手を見られる周回レース」「高いゲーム性」「チーム同士による戦い」といったコンセプトによる、新しいレース形態を模索したものだ。

 3日間で3種目が行われ、初日はアップダウンコースでの周回ポイントレース「ハンマークライム」、2日目は平坦コースでの「ハンマースプリント」を実施。2日間のポイントランキングに基づいて最終日のチームタイムトライアル「ハンマーチェイス」を時間差スタートし、最終のゴール順位を競う。

 第1回のハンマーシリーズの舞台には、2012年に世界選手権ロードレースが行われたリンブルフが選ばれた。ハンマークライムのコースは1周7kmで、中間に約1km、終盤フィニッシュライン前に約2kmの上りを設定。11周のレースで毎周回のフィニッシュライン上位通過者10人にポイントが与えられ、チームごとにポイント合計を競う。出場するのは16チームで、UCIワールドチームから12チーム、UCIプロコンチネンタルチームからNIPPO・ヴィーニファンティーニを含む4チームが参戦。各チーム7人までの登録メンバーから、種目ごとに5人ずつを選んでレースを行う。

7人の先頭集団が形成

 今回のレースにはリンブルフでの2012年世界選の覇者、フィリップ・ジルベール(ベルギー、クイックステップフロアーズ)や、地元オランダが誇る今年のジロ・デ・イタリア総合優勝のトム・デュムラン(チーム サンウェブ)ら、スター選手も出場。全く新しいレースに不思議な緊張感が漂うなか、77kmのハンマークライムがスタートした。

 スタート直後からハイペースでの争いになり、上りでは集団が分断。1周目のフィニッシュラインではダニエル・オス(イタリア、BMCレーシングチーム)がまず先頭で通過した。複数に分かれた集団は下りで合流して大集団になるものの、2周目の上りが始まると再び分断して、先頭は15人ほどに絞られた。さらにレース中盤でこれが2つに分かれ、先頭グループは7人となった。

 先頭7人にはジロでの熱戦を終えたばかりのデュムランをはじめ、ベタンクール、シュテファン・キュング(スイス、BMCレーシングチーム)、タオ・ゲオゲガンハート(イギリス、チーム スカイ)ジャンルーカ・ブランビッラ(イタリア、クイックステップフロアーズ)、ルーク・ダーブリッジ(オーストラリア、オリカ・スコット)、イウリ・フィロージ(イタリア、NIPPO・ヴィーニファンティーニ)という陣容。この後ろに5人強の追走グループ、さらに後方に大集団と続いた。

レース内容には課題

 先頭グループ内で圧倒的な力を発揮したのがベタンクールだ。3周目以降のポイントは、9回中7回でトップ、残る2回も2位で通過しポイントを荒稼ぎした。モビスターはポイント獲得圏内に3選手を送り込んだことで、終始レースをリード。ベタンクールは最終周回も圧倒的なスピードで上りで一人抜け出すと、そのまま独走でゴールに飛び込んだ。

 また先頭グループではNIPPOのフィロージが、プロコンチネンタル勢で唯一入り、6周目のポイントをトップ通過したほか、何度かアタックを見せて走りをアピールした。ジロ覇者のデュムランも先頭グループで終始奮闘。最後は2番手でゴールインして、サンウェブが初日2位のポイントとなった。3位はスカイ。NIPPOは6位となっている。

 主催者も選手も手探り状態で行われた初めてのハンマークライムだが、前半からポイント圏内を占める先行グループが形成されたことで、全体に固定的な展開に終わった。主催側が目指すエンターテイメント性の高いレースとして注目されるためには、早急なルール変更が必要となりそうだ。

ハンマークライム結果
1 モビスター チーム 144.8ポイント、15秒ボーナス
2 チーム サンウェブ 98.9ポイント、12秒ボーナス
3 チーム スカイ 84.7ポイント、10秒ボーナス
4 オリカ・スコット 83.3ポイント、8秒ボーナス
5 BMCレーシング 75.2ポイント、6秒ボーナス
6 NIPPO・ヴィーニファンティーニ 53.6ポイント、5秒ボーナス
7 クイックステップフロアーズ 53ポイント、4秒ボーナス
8 ロットNL・ユンボ 27.7ポイント、3秒ボーナス
9 ロット・ソウダル 23.7ポイント、2秒ボーナス
10 キャノンデール・ドラパック 2.3ポイント、1秒ボーナス

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

ハンマーシリーズ ロードレース

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載