知事会議まで2人でライド八つ墓村ロケ地で…岡山・広島の両県知事「サイクリング聖地に瀬戸内・山陰を」

  • 一覧

 岡山県の伊原木隆太知事と広島県の湯崎英彦知事による知事会議が5月29日、岡山県高梁市の広兼邸で開催された。両知事は観光振興などをテーマに活発に意見を交換。サイクリングや空き家を利用して観光客誘致を推進することなどを申し合わせた。

サイクリングで会場に向かった岡山県の伊原木隆太知事(左)と、広島県の湯崎英彦知事=岡山県高梁市

 会場となった広兼邸は小泉銅山や硫酸鉄製造などで財をなした江戸期の庄屋の邸宅で、映画「八つ墓村」のロケ地となったことで知られる。

 同会議は平成22年度から持ち回りで開催しており、今回で7回目。29日は会議に先立ち両知事が同市成羽町地区の吹屋ふるさと村を視察。その後ヘルメット姿で自転車に乗り、サイクリングで会場に移動した。

吹屋ふるさと村を視察後、サイクリングで会場に向かった岡山県の伊原木隆太知事(左)と、広島県の湯崎英彦知事=岡山県高梁市

 会議で伊原木知事は、県内に8つのサイクリング推奨ルートを設定したことに触れ「案内表示などを整備している。中四国全体でサイクリングによる観光振興を図りたい」と提案。

 湯崎知事は広島、愛媛両県を結ぶ瀬戸内しまなみ海道(西瀬戸自動車道)のサイクリングが好評なことから瀬戸内、山陰との観光地域づくり推進法人間での「連携も考えていきたい」などと応じた。

 また両知事は訪日客誘致に向け、空き家を利活用した民泊施設の普及をめざして規制緩和を国に働き掛けることで合意。海外留学や少子化対策推進をはじめ、東京五輪の事前合宿の誘致なども話し合った。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

サイクリング

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載