技術者派遣を不要に大会主催者向けに低価格の電子計測システム LinkTOHOKUがレンタルサービスを開始

  • 一覧
電子計測チップと計測機材(LinkTOHOKU提供)

 自転車競技の運営・計測などを手掛ける「LinkTOHOKU」(リンクトウホク)が、小規模大会向けに電子計測機材をレンタルするサービスを開始した。計測ポイントを1カ所に限ることで、計測会社の技術者の現場派遣が不要で、主催者自身がセットアップできるシステムを構築。100人分の計測チップとシステムを6万円(税抜き)という低価格で提供する。

 対象となるのは計測地点が1カ所の「クリテリウム・ロードレース」「タイムトライアル(グロスタイム)」「ヒルクライム(グロスタイム)」「MTB・シクロクロス」といった種目。主催者は参加選手データをエクセルで用意することで、LinkTOHOKU側で事前に計測に必要な設定ファイルを作成する。

 大会当日は主催者側でノートPC(ウィンドウズのみ対応)にソフトウェアをインストールし、計測ライン上にループアンテナをセットして、計測機材とPCを接続すれば、ワイヤレスチップによるレース計測が可能になる。使用するアンテナは路面上のループアンテナのみで、設置に特別な技術は不要となっている。

 また、操作が不慣れな人向けに、リモート操作サポートも用意する(別途税抜き3万円)。LinkTOHOKUからリモート操作可能なノートPCとモバイルルータの貸し出しを行い、大会当日の異常対処やレース中モニタリングを、遠隔で行う。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

Link TOHOKU

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載