大会・イベント情報2017国内最大級のロードレースの祭典「シマノ鈴鹿ロード」8月19、20日に開催

  • 一覧

 34回目を迎える国内最大クラスのロードレースの祭典「シマノ鈴鹿ロード」が8月19、20日、三重県鈴鹿市の鈴鹿サーキットで開催される。レースデビューの初心者でも参加しやすく、本格派レーサーにとってはトップクラスのプロ選手に挑戦できるチャンス。多くの車種が並ぶ試乗会や出展社PRブース、知って得する講座、抽選会、花火大会などのお楽しみ企画も充実し、仲間や家族と楽しめる2日間だ。

34回目を迎えるロードレースの祭典「シマノ鈴鹿ロード」(シマノ鈴鹿ロードレース提供)

ディスクロード限定のレース登場

「シマノ鈴鹿ロードレースクラシック」では、プロ選手らと走ることができる(シマノ鈴鹿ロードレース提供)

 「グリーンピアロード」から始まり30年以上の歴史を持つシマノ鈴鹿ロードは、今年からレース種目の最高クラスをJCF公認大会「シマノ鈴鹿ロードレースクラシック」という名前に変えて開催する。プロ選手らと一緒に走れるフルコース(約5.8km)10周回のレースで、トップレベルの走りに挑戦できる。さらに今年は新たな楽しみ方として「ディスクブレーキロード」の限定種目が加わる。フルコース1周で、ディスクブレーキロードのみで競う「鈴鹿ロード史上初」の種目だ。

 ほかにも、参加者の力量や楽しみ方に合わせて、豊富な種目・クラスが用意されている。周回数別をはじめ、年齢や車種、性別、個人・チーム戦など、30以上もの種目やクラスに細かく分かれている。

実力に合わせた周回数別のレースも(シマノ鈴鹿ロードレース提供)

 ロードレースのソロ種目はレベル別、年代別のクラスが分けられている。レース未経験者のための「体験レース」は、レース前に安全走行に関する講習会で基礎知識を学んでから参加できる。“ファーストステップ”となる「2周の部」、さらに上を目指す「3周の部」「5周の部」の3種目があり、2周の部と3周の部には女性限定のクラスも設けられている。さらに、トップレベルのアマチュアライダーによる「エリート」、一人ずつ出走し自分の力のみで競う「個人タイムトライアル」などが開かれる。

 40歳以上の年代別クラスがあるマスターズは40+、50+、60+の3クラスに分けられる。それぞれのクラスには年齢の上限がないので、40+に60歳代の人がチャレンジすることも可能だ。小~中学生の学年別種目もあり、小学生のクラスは2学年ごとに分かれて競う。

 また、「1時間サイクルマラソン」はたっぷりサーキットを走れる人気種目で、土・日両日とも開催される。マイペースで楽しめるので家族やカップルで一緒に走ることができ、初心者にもおすすめのレースだ。

小~中学生の学年別種目(シマノ鈴鹿ロードレース提供)
「1時間サイクルマラソン」はたっぷりサーキットを走れる人気種目(シマノ鈴鹿ロードレース提供)

 広大な鈴鹿サーキットのフルコースをたっぷり2時間走れる「2時間エンデューロ」がシマノ鈴鹿ロードの超人気種目で、一人で2時間に挑むソロクラスとチームクラスが設けられている。1チーム3~4人で同時にスタートし、先頭交代しながらゴールを目指す「チームTT」、1チーム4~6人までのチームを組み、2日間のステージレースに挑戦する「5ステージ・スズカ」など、チーム種目も魅力だ。

 また、0歳から6歳まで、小学校入学前の子どもたちによるミニレース「バンビーノ」は、当日受付の無料種目。年齢別のレースで、ゴールでは参加者全員に参加賞が配られる。家族もコースに入場できるので、近くで写真・ビデオを撮影することも可能で、子どものサーキットデビューにピッタリの種目だ。

「チームTT」や「5ステージ・スズカ」は本格的なチーム種目(シマノ鈴鹿ロードレース提供)
0歳から6歳までのミニレース「バンビーノ」(シマノ鈴鹿ロードレース提供)

スポーツカメラの装着が可能に

一部の種目で使用可能になったスポーツカメラ(シマノ鈴鹿ロードレース提供)

 今大会から一部の種目で、スポーツカメラの装着が可能になった。迫力のあるレースシーンの思い出づくりや、走りの研究用に撮影するなどができるので、ロードレースの楽しみ方がさらに広がりそうだ。また、申し込み者の中から抽選で3人に、スポーツカメラ「CM-2000」をプレゼントする企画も実施される。ANT+に対応し、スピードメーターや心拍計などデータを記録、またハイライト動画の撮影が可能な最新モデルだ。

 試乗会には、ロードバイクをはじめ多彩な車種が揃う。油圧ディスクブレーキ搭載のロードバイクやグラベルロード、電動アシストスポーツバイクなども登場予定。試乗コースはオンロードとオフロードコースが用意される。

 出展社PRブースには、発表になったばかりの完成車やパーツがいち早く展示されるほか、ホイールの試乗やウェア・シューズ類の試着など「体験型」のミニイベントが行われる予定だ。

試乗車に興味津々の来場者たち(シマノ鈴鹿ロードレース提供)
さまざまなパーツやウェアが、展示や試用のために用意されている(シマノ鈴鹿ロードレース提供)

 スポーツバイクの楽しみ方がさらに広がる「知って得する」講座では、サイクルライフナビゲーターの絹代さんと、管理栄養士の河南こころさんが講師を務める。絹代さんは「もっと快適に、楽しく、キレイに乗ろう!女性向けスポーツバイク講座」と題し、女性が快適に乗るためのセッティングや美脚&美ボディを叶える乗り方などを紹介。河南さんは「なかなか調子が上がらない人のための“栄養素プラスα”」をテーマに、栄養素の相性をみながら食事などの摂り方や選び方などについて紹介する。

 また、土曜日の全種目終了後には、花火とキャラクターショーを一度に楽しめる「コチラレーシング モータースポーツ花火」が開催される。鈴鹿サーキットマスコットキャラクターの「コチラ君」たちによるショーと、音楽に合わせて次々と打ち上げられる幻想的な花火大会という2つのパフォーマンスを楽しめる。

女性のための講座を行う絹代さん(シマノ鈴鹿ロードレース提供)
土曜日の夜には花火大会も(シマノ鈴鹿ロードレース提供)

第34回シマノ鈴鹿ロードレース・第34回シマノ鈴鹿ロードレースクラシック 開催概要

開催日:2017年8月19日(土)、20日(日)
会場:鈴鹿サーキット 〒510-0295 三重県鈴鹿市稲生町7992
募集期間:2017年5月12日(金)~7月5日(水)
申込方法:公式ウェブサイト http://www.shimano-event.jp、スマートフォン https://cycle.spoen.jp
主催:
第34回シマノ鈴鹿ロードレース:株式会社シマノ
第34回シマノ鈴鹿ロードレースクラシック:公益財団法人日本自転車競技連盟 / 株式会社シマノ

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

シマノ 大会・イベント情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載