被害者遺族のパネルも展示自転車事故をスタントマンが再現 女子中高生向け交通安全教室で注意喚起

  • 一覧

 自転車を利用する機会の多い中学・高校生に交通ルール順守の重要性や事故の恐ろしさを学んでもらう交通安全教室が5月16日、宇都宮市上籠谷町の宇都宮海星女子学院で開かれ、スタントマンが交通事故の再現を実演した。

大勢の生徒が見守る中、スタントマンによって事故が再現された =5月16日、宇都宮市上籠谷町の宇都宮海星女子学院(斎藤有美撮影)

 校庭で、自転車同士の衝突や自動車と自転車の衝突事故、大型トラックの巻き込み事故をスタントマンが再現し、講習に参加した同校の中学、高校の生徒約200人が事故の怖さを実感した。また、体育館では自動車側から見た自転車の危険な運転の映像を上映。栃木県警県民広報相談課による交通事故などの被害者遺族のメッセージパネルも展示された。高校3年の斉藤愛佳さん(17)は「改めて客観的に交通事故を見ると怖いなと思った。被害者にも加害者にもならないために(生徒会長として)注意の声掛けをすることが大切だと思った」と気を引き締めた。

産経新聞・栃木版より)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

セーフティーライド

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

  • タイム
    アルプデュエズ01 ディスク

    ディスクブレーキで伝統の走りを進化

  • リブ
    AVAIL ADVANCED

    走る好奇心を止めない リブの新型‟無敵”ロードバイク

  • インプレッション一覧へ

    連載