1回100円から利用可能江東区でコミュニティサイクルサービスの実証試験を開始

  • 一覧
豊洲駅前に設置されたサイクルステーション(写真提供=江東区)豊洲駅前に設置されたサイクルステーション(写真提供=江東区)

 NTTドコモは21日、東京都江東区と共同で自転車の共同利用サービス「コミュニティサイクルサービス」の実証試験を開始した。豊洲、東雲、有明、台場など臨海部でサービスを展開する。コミュニティーサイクルは自転車を使いたい時に、借り、返却できるサービス。

 利用方法はまず携帯電話やスマートフォン(高機能携帯電話)などから会員登録。おサイフケータイ機能が付いた携帯電話やスマホなどを使い、貸し出し返却する仕組み。借りた駐輪施設とは異なる施設で返却できる。当初、150台、11カ所の施設でスタートするが、早期に300台、20カ所に拡充する計画だ。利用料金は1時間100円から。

江東区臨海部コミュニティサイクル 公式ページ

開始当日となる21日には、ららぽーと豊洲でオープニングセレモニーが行われた(写真提供=江東区)開始当日となる21日には、ららぽーと豊洲でオープニングセレモニーが行われた(写真提供=江東区)

SankeiBizより)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

レンタサイクル/バイクシェアリング

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載