さいたま新都心駅周辺でコースを調整「2017ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム」が11月4日に開催決定

  • 一覧
「2016ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム」に出場した4賞ジャージの選手たち Photo: Kenta SAWANO

世界最高峰のサイクルロードレース「ツール・ド・フランス」の名を冠した自転車競技イベント「J:COM presents 2017ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム」の開催日が11月4日に決定した。会場はJRさいたま新都心駅周辺で、詳細なコースの調整が進められている。

 大会は5年連続5回目の開催となり、今年も世界トップレベルの選手たちが「さいたま」にやってくる。大会プレゼンティングスポンサーは昨年に引き続きジュピターテレコム(ブランド名:J:COM)が務める。

 また、自転車関連アイテムの販売や安全教室などを含む「2017サイクルフェスタ」や、フランスとさいたまの食が楽しめる「2017さいたまるしぇin さいたまクリテリウム」も同日開催され、大会を盛り上げる。

2017年のメインビジュアル(2017 さいたまクリテリウム実行委員会提供)

 大会ポスターなどに使用される2017年のメインビジュアルは、大会イメージカラーである黄色を日本の伝統的な金屏風絵のモチーフに置き換え、全面をゴールド基調にして華やかさを表している。ツールの4賞ジャージを着た選手が描かれ、背景にはさいたま市の伝統文化である盆栽をイメージした松の木があしらわれている。

 ツール・ド・フランスさいたまクリテリウムが開かれる前週には、中国・上海でツール・ド・フランスの名を冠するクリテリウムが初開催されることが発表されている。ツール・ド・フランスさいたまクリテリウムは例年、10月に開催される「ジャパンカップサイクルロードレース」の翌週に開かれてきたが、今年は約2週間後の開催となる予定。

■「J:COM presents 2017ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム」概要
主催:さいたま市
共催:埼玉県、さいたまスポーツコミッション、公益社団法人さいたま観光国際協会、A.S.O.(Amaury Sport Organisation)
主管:2017さいたまクリテリウム実行委員会
競技主管:公益財団法人日本自転車競技連盟
オフィシャルメディアパートナー:朝日新聞社、読売新聞東京本社
オフィシャルエアライン:全日本空輸株式会社(ANA)
開催日:2017年11月4日(土)
会場:さいたま新都心駅周辺(詳細なコースは調整中)
放送:調整中

この記事のタグ

2017ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

サイクリストTV

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載

連載