東日本ロードクラシックE1、E2初日のE2優勝でE1へ昇格した高橋利尚が連日の独走勝利 女子2日目は福田咲絵が優勝

by 松尾修作 / Shusaku MATSUO
  • 一覧

 全日本実業団自転車競技連盟(JBCF)が主催する「東日本ロードクラシック群馬大会」が4月22、23日、群馬県みなかみ町の群馬サイクルスポーツセンターで開催された。Jプロツアー(JPT)に次ぐ、Jエリートツアー最高カテゴリー「E1」1日目は元U23全日本タイムトライアルチャンピオンの嶌田義明(TEAM YOU CAN)が制し、2日目は高橋利尚(チーム・ウォークライド)が独走で勝利を手にした。女子は1日目に唐見実世子(弱虫ペダルサイクリングチーム)、2日目は福田咲絵(フィッツ)が優勝した。

リードを守り、前日のE2に続く勝利を飾った高橋利尚(チーム・ウォークライド) Photo: Shusaku MATSUO

イエロージャージは渡邉が獲得

E1のメイン集団前方を走る選手たち Photo: Shusaku MATSUO

 E1の初日はコースを7周する計42kmで争われ、勝負は小集団のゴールスプリントによって決まった。先頭でフィニッシュしたのは嶌田で、2位は寺崎武郎(バルバレーシングクラブ)。両名ともに過去、ブリヂストンアンカーサイクリングチームで活躍した選手で、レベルの高いレースが展開されていた。

連日の独走を図った高橋利尚(チーム・ウォークライド) Photo: Shusaku MATSUO

 6周回で争われた2日目は、前日のE2で終盤に単独で抜け出し、そのまま優勝を果たした高橋がE1のラスト2周回の“心臓破りの上り”でアタック。後方では辻本尚希(アベントゥーラ・アイコー・ヴィクトリア・レーシング)のスプリントを狙い、チームメイトの金田聡士と管洋介がバックストレートでトレインを組むも高橋には追いつかない。高橋はラスト1周を単独で逃げ切って再び独走優勝を飾った。高橋は「スプリントに自信がなかったので全力でアタックした。今年はE1で経験を積み、来年は機会があればJPTにも挑戦したい」と目標を掲げた。

 レース2日目の終了時点で、Jエリートツアーポイントランキングのトップが着用する「ネクストイエロージャージ」は、現役の競輪選手である渡邉正光(LinkTOHOKU)が新たに獲得。181cm、82kgという大柄な体型だが、“上れるスプリンター”として心臓破りの上りをクリアし、2日目は集団の頭を取って2位に入っていた。

現役の競輪選手で、ネクストイエロージャージを獲得した渡邉正光(LinkTOHOKU) Photo: Shusaku MATSUO

唐見は2日連続優勝を果たせず

最終周回で樫木を追う唐見実世子(弱虫ペダルサイクリングチーム)=左と、ラストスパートに備える福田咲絵(フィッツ) Photo: Shusaku MATSUO

 女子カテゴリー「Jフェミニンツアー」(JFT)1日目は、ランキングトップライダーが着用する「シスターローズジャージ」をまとった唐見が後続を振り切り、独走で優勝。しかし、2日目はレース中に強さを示せず、終盤まで残った樫木祥子(アベントゥーラ・アイコー・ヴィクトリア・レーシング)と福田、大堀博美(YOKOSUKA UNO RACING)を引き離すキレがない。

福田咲絵(フィッツ)が樫木を追いつき際にスパートかけ優勝 Photo: Shusaku MATSUO
シスターローズジャージを下した樫木祥子(アベントゥーラ・アイコー・ヴィクトリア・レーシング)=左と福田咲絵(フィッツ) Photo: Shusaku MATSUO

 終盤、樫木がアタックを仕掛け単独で逃げ始めると、後続3人はお見合い状態に。ここから飛び出して樫木を単独で追ったのは福田だった。福田はゴールまでラスト500m付近で樫木に追いつくとそのまま抜き去り独走。樫木は2位に入り、唐見は3位でフィニッシュした。シスターローズジャージは変わらず唐見が着用している。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

JPT2017・Jエリートツアー

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載