30分間に2カ所、同一犯の可能性も埼玉のサイクリングロード イヤホンをしていた10代と20代女性が首絞められる被害相次ぐ

  • 一覧

 埼玉県の入間川沿いにあるサイクリングロードで4月16日夜、女性が男に首を絞められる被害が2件相次ぎ、埼玉県警が同一犯による可能性も視野に傷害容疑で捜査している。

 同日午後10時40分ごろ、同県狭山市柏原新田で自転車に乗っていた10代女性が右斜め前から自分に向かって歩いてきた男に驚いて転倒し、首を絞められ、首に軽いけがを負った。

 約30分後の同11時10分ごろには、北東側に約5~6キロ離れた同県川越市内で、ランニングしていた20代女性が後ろから来た男に首を絞められ、振りほどこうとした際に転倒し、左肘を脱臼した。

 同県警によると、発生当時の現場は暗くて人通りが少なく、女性は2人ともイヤホンをしていた。

 狭山市で犯行に及んだ男は40~60代の黒っぽい服に白っぽいズボンで、メガネと紺色キャップを着用していた。

 川越市で犯行に及んだ男の詳細は、女性が後ろから襲われたため確認できなかったという。

産経ニュースより)

この記事のタグ

事故・事件

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

サイクリストTV

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載