ソロの部で女性トップ、チームの部も健闘自転車タレント「ちゃりん娘」がスズカ・エンデューロを走破!

  • 一覧

 三重県鈴鹿市の鈴鹿サーキットを舞台とする自転車の耐久レース「スズカ8時間エンデューロ秋sp」が11月17日に開催され、自転車好きの女性タレントによるグループ「ちゃりん娘(こ)」のメンバー5人が出場。1人で走りきる「4時間ソロ」と、4人1チームで臨んだ「4時間ロード部門」で、それぞれ完走を果たした。

完走を果たした「ちゃりん娘」メンバーの(左から)鈴木美希、松本奈々、 浦田歩、三井麻里子、和泉まい完走を果たした「ちゃりん娘」メンバーの(左から)鈴木美希、松本奈々、 浦田歩、三井麻里子、和泉まい

 レースに挑んだのは、ソロの鈴木美希と、チームの浦田歩、和泉まい、三井麻里子、松本奈々。マシンは、新たにCOLNAGO(コルナゴ)の2013年モデルが投入された。

レースに挑む「ちゃりん娘」たち。(左から)和泉まい、鈴木美希、三井麻里子、松本奈々、浦田歩レースに挑む「ちゃりん娘」たち。(左から)和泉まい、鈴木美希、三井麻里子、松本奈々、浦田歩
4時間の部にソロで出場した鈴木美希。メンバーのマシンには、新たにコルナゴの2013年モデルが投入された4時間の部にソロで出場した鈴木美希。メンバーのマシンにはコルナゴの2013年モデルが投入された

 コースは1周5.824km。あいにく本降りの雨で、路面は厳しいウェットコンディションとなったが、会場は多くのライダーの熱気でムンムン! 「ちゃりん娘」メンバーも気を引き締めて挑んだ。

 スタート前にコースを試走した松本が、そのままチームの第1走者を努め、第2走者の和泉と交代。実は、和泉は前日の練習中に転倒して膝に打撲を負っていたが、懸命に走って第3走者の三井にバトンタッチした。

第1走者として走り終えた松本奈々を迎える三井麻里子(左)と浦田歩第1走者として走り終えた松本奈々を迎える三井麻里子(左)と浦田歩
第2走者の和泉まい(右)を出迎えた第1走者の松本奈々第2走者の和泉まい(右)を出迎えた第1走者の松本奈々
第3走者の三井麻里子(右)を出迎えた第1走者の松本奈々第3走者の三井麻里子(右)を出迎えた第1走者の松本奈々

 アンカーの浦田は、持ち前の安定した走りで順位をアップ。チームは4時間あまりで22周(約128km)を走破し、オープン参加ながら出走311チーム中59位で完走を果たした。

坂道を登るアンカーの浦田歩坂道を登るアンカーの浦田歩
ソロの部で4時間を1人で走った鈴木美希。カメラに向かって余裕の笑顔!ソロを走った鈴木美希は、カメラに余裕の笑顔!

 一方、4時間ソロに出場した鈴木は、平均時速34kmという驚異的なペースで24周(約140km)を走り切り、参加491人中13位でフィニッシュ! この部門で女性トップの成績をマークした。

フィニッシュした浦田歩(前列左)、鈴木美希(同右)を出迎えた(後列左から)松本奈々、三井麻里子、新居史麻。レースに出場しなかった新居は、会場でインタビュアーなどを務めていたフィニッシュした浦田歩(前列左)、鈴木美希(同右)を出迎えた(後列左から)松本奈々、三井麻里子、新居史麻。レースに出場しなかった新居は、会場でインタビュアーなどを務めていた

 表彰式ではプレゼンターとしてお手伝い。各部門の上位入賞者たちと共に、健闘を称えあった。

表彰式でプレゼンターを務めた「ちゃりん娘」の松本奈々(左から2人目)、鈴木美希(同3人目)表彰式でプレゼンターを務めた松本奈々(左から2人目)、鈴木美希(同3人目)
表彰式でプレゼンターを務めた「ちゃりん娘」の和泉まい(右)表彰式でプレゼンターを務めた和泉まい(右)
表彰式でプレゼンターを務めた「ちゃりん娘」の三井麻里子(中央)、松本奈々(右)表彰式でプレゼンターを務めた三井麻里子(中央)、松本奈々(右)

(情報・写真提供 Door
「2012スズカ8時間エンデューロ秋sp」公式サイト

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

イベント ちゃりん娘

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載