スマートフォン版はこちら

ツール・ドゥ・ロワール=エ=シェール2017 第1ステージキナンがフランス遠征でUCIレースに出場 初日は全員がメイン集団でゴール

by 福光俊介 / Syunsuke FUKUMITSU
  • 一覧

 UCI(国際自転車競技連合)コンチネンタルチーム、キナンサイクリングチームは4月に入りフランスを拠点に活動し、12日からはこの遠征の集大成でもある、UCIヨーロッパツアー2.2クラスの「ツール・ドゥ・ロワール=エ=シェール」に参戦している。第1ステージは出場する6人全員がメイン集団でフィニッシュ。次のステージへとつなげている。

スタート前のチームプレゼンテーション。左から椿、野中、雨乞、山本、阿曽、中西 Photo: Syunsuke FUKUMITSU

 2月の本格シーズンインから好調のキナンはUCIアジアツアーやJプロツアーで好成績を残してきているが、4月に入り2班に分かれての活動にシフト。まずはUCIヨーロッパツアーに出場するグループがフランスをベースに始動した。メンバーには、山本元喜、椿大志、阿曽圭佑、中西健児、野中竜馬、雨乞竜己の6人がセレクトされ、加藤康則ゼネラルマネージャーが指揮を執る。

 6日にフランス入りし、中央部の都市・ブロワに滞在。ロワール=エ=シェール県の県庁所在地であり、街を流れるロワール川はヨーロッパ最後の清流とも呼ばれる。また、同県には中世の古城が多数残され、ブロワ中心部にあるブロワ城は増改築の繰り返しによって、フランスの建築史を一望できるともいわれている。

雨乞竜己がフランスメディアの撮影に応じる Photo: Syunsuke FUKUMITSU
レース前のケアを受ける中西健児 Photo: Syunsuke FUKUMITSU

 そして迎えたツール・ドゥ・ロワール=エ=シェール。UCI2.2クラスながら、例年ハイレベルのレースが繰り広げられ、過去の総合優勝者にはノルウェーの英雄、トル・フスホフトの名も。悪天候や強風、荒れた路面での戦いを制した選手は、将来的にプロでの活躍が約束されるとの呼び声もある。キナンは3年連続の招待を受けての出場。14カ国から28チームがエントリーし、日本からはブリヂストンアンカーサイクリングチームも参戦している。

スタートする野中竜馬 Photo: Syunsuke FUKUMITSU

 第1ステージは、ブロワからモン=プレ=シャンボールまでの154.5km。おおむね平坦ではあるものの、スタート直後から逃げ狙いのアタックが続発すると予想された。キナン勢は序盤から逃げに乗るチャンスをうかがい、積極的にトライすることを前夜のミーティングで確認した。

 ミーティング通り、序盤から集団の前方でレースを展開。山本や野中らが飛び出すチャンスをうかがったが、スタートから約30分を迎える段階で7人の逃げグループが形成され、キナン勢はいずれもメイン集団に待機する形となった。

前半から積極的に動いた山本元喜 Photo: Syunsuke FUKUMITSU

 しかし、その後もメイン集団に落ち着く気配がないのがこのレースの厳しさ。各所で落車が発生し、野中が巻き込まれる場面もあった。それでもダメージはなく、問題なくレースに復帰。時速40kmを超え、ときに50km前後にまでペースが上がる中、キナン勢はメイン集団でレースを進めた。

美しいシャンボール城の前をプロトンが通過する Photo: Syunsuke FUKUMITSU

 最終盤は、名城・シャンボール城にほど近い小さな街、モン=プレ=シャンボールの周回コース。1周5.5kmのサーキットを3周回してフィニッシュへ。逃げ続ける7人とメイン集団との攻防は、結果的に逃げメンバーに軍配。ラスト1周で先頭グループから抜け出したダミアン・ショー(アイルランド、アンポスト・チェーンリアクション)が独走勝利を挙げた。

 キナン勢は、雨乞でのスプリントを狙ってポジション確保に努めたが、このステージでは奏功せず。最後は危険を回避しながら、6人全員がトップから47秒差のメイン集団でフィニッシュ。なお、チーム最高位は雨乞の63位となった。

キナン勢が固まって集団内を走る Photo: Syunsuke FUKUMITSU
落車のダメージなくフィニッシュした野中竜馬 Photo: Syunsuke FUKUMITSU

 全5ステージで争われる今大会。翌13日に行われる第2ステージは、ラ・フェルテ= アンボーからヴルヌー=アン=ソローニュまでの184km。前半に2カ所の山岳ポイントがあるほかは平坦とされるだけに、第1ステージに続きハイスピードの展開となるだろう。キナンはリザルトなど、目に見える成果とはいかなかったが、無難な立ち上がりで次へと駒を進めた。この先の4ステージで好機をつかみにいく。

■第1ステージ(154.5km)結果
1 ダミアン・ショー(アイルランド、アンポスト・チェーンリアクション) 3 時間 32 分 23 秒
2 トーマス・ロストラン(フランス、アーミー・ド・テレ) +4 秒
3 ジョーイ・ファンリー(オランダ、デストリ・ジョーピールスサイクリングチーム) +7 秒
4 ニクラス・ペデルセン(デンマーク、チーム ジャイアント・カステリ)
5 レネ・ホーヘムステル(オランダ、ベイビーダンプサイクリングチーム)
6 ジョシュア・フッペルツ(ドイツ、チーム ロット・ケルンハウス)
63 雨乞竜己(キナンサイクリングチーム) +47 秒
129 阿曽圭佑(キナンサイクリングチーム)
145 山本元喜(キナンサイクリングチーム)
150 野中竜馬(キナンサイクリングチーム)
152 椿大志(キナンサイクリングチーム)
155 中西健児(キナンサイクリングチーム)

■個人総合時間賞
1 ダミアン・ショー(アイルランド、アンポスト・チェーンリアクション) 3時間32分13秒
2 トーマス・ロストラン(フランス、アーミー・ド・テレ) +6秒
3 ジョーイ・ファンリー(オランダ、デストリ・ジョーピールスサイクリングチーム) +10秒
4 ジョシュア・フッペルツ(ドイツ、チーム ロット・ケルンハウス) +11秒
5 レネ・ホーヘムステル(オランダ、ベイビーダンプサイクリングチーム) +16秒
6 ニクラス・ペデルセン(デンマーク、チーム ジャイアント・カステリ) +17秒
63 雨乞竜己(キナンサイクリングチーム) +57秒
129 阿曽圭佑(キナンサイクリングチーム)
145 山本元喜(キナンサイクリングチーム)
150 野中竜馬(キナンサイクリングチーム)
152 椿大志(キナンサイクリングチーム)
155 中西健児(キナンサイクリングチーム)

■チーム総合時間賞
1 アンポスト・チェーンリアクション 10時間38分45秒
28 キナンサイクリングチーム +47秒

監督・選手コメント

加藤康則ゼネラルマネージャー「まず、トラブルなくステージを終えられたことに満足している。逃げグループが早い段階で形成されたことで、メイン集団が落ち着いたことが選手たちにも味方した。本場ヨーロッパの選手たちでも苦しむようなレースにあって、6人全員がメイン集団でフィニッシュし、次のステージに臨むことができるのはきっと自信になるはず。第2ステージはレース距離が伸びてあらゆる展開が考えられる。逃げ狙いの選手も増えるだろうし、終盤の周回コースも長めで、強い風が吹く可能性もある。集団がいくつにもばらける可能性があるので、そこをどう対処していくかがポイント。それは選手たちも理解しているし、その中でどれだけ力を出せるかにかかっている」
 
中西健児「(UCIヨーロッパツアーデビューにあたり)アジアのレースと比べると、集団全体に隙が無い感じで、なかなか前に出してもらえないあたりにレベルの高さを感じている。ただ、このステージに限っては風が穏やかで、まとまった攻撃も少なかったので、レースを通して強度そのものはさほど高くはなかった。しいて挙げるなら、平坦ステージでは自分たちにやれることは限られていた。今後のステージでは、前半で逃げに加わるか、アップダウンのあるステージでチャンスをうかがっていきたい。そう簡単にはいかないが、トライしていきたい。ヨーロッパのコースは、道が狭かったり、ランドアバウト、バンプなどトラップが多いという印象。そのあたりはレースを通じて慣れていきたい」
 
野中竜馬「集団内で雨乞のポジション確保に動いているところで、周りの選手に巻き込まれる形で落車した。周回コースに入った段階で何かアクションを起こせたらと思っていたが、それがきっかけで難しくなってしまった。スピードが落ちたところで他選手のバイクに乗り上げるような形だったので、体へのダメージはないのが不幸中の幸い。1ステージ走ってみて、この先のステージではチーム内で誰かが逃げに乗って、前方でレースを展開できるチャンスがあるのではないかという感触をつかんでいる。また、大会中盤のステージがヤマ場だとも思っているので、そこで自分たちの力が試される。チーム全体で動いて、結果を残したい」

関連記事

この記事のタグ

キナン

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載