上野みなみ、鈴木奈央ら4人トラック世界選手権 日本女子チームパーシュートは日本新も11位で予選敗退 

  • 一覧
女子チームパーシュートを走る日本ナショナルチーム Photo: Kenji NAKAMURA / JCF

 香港のホンコンヴェロドロームで開催されているUCI(国際自転車競技連合)トラック世界選手権第1日の女子チームパーシュート競技の予選が4月12日に行われ、日本ナショナルチームは上野みなみ(鹿児島 CIEL BLEU KANOYA)、中村妃智(日本体育大学/日本写真判定)、鈴木奈央(JPCU静岡)、橋本優弥(鹿屋体育大学)の4人が出走。タイムは4分34秒362でフィニッシュし、日本記録を上回ったが、全体の11位となり予選敗退となった。

 12日夜には男子チームスプリントが行われ、渡邉一成(JPCU福島)、新田祐大(JPCU福島)、長迫吉拓が出場し、女子スクラッチには上野が出場予定となっている。

2017 UCIトラック世界選手権大会 女子チームパーシュート<予選>
1位 アメリカ 4分17秒722
2位 オーストラリア 4分18秒659
3位 カナダ 4分19秒515
11位 日本(上野・橋本・中村・鈴木)4分34秒362
※上位8チームが1回戦へ進出。

関連記事

この記事のタグ

日本ナショナルチーム

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

ショップナビ

スペシャル

自転車協会バナー
CyclistポケットTシャツ

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載