新製品情報イタリアンウェア「ジェッセージ」の春夏コレクション 日本限定デザインで発売

  • 一覧

 1984年創業のイタリアのサイクルウェアメーカー、「GSG」(ジェッセージ)から、春夏コレクションが発売となった。デザインからプリント、縫製からパッケージングに至るまで、熟練のスタッフと最新鋭の機械設備を備えた北イタリアの自社工場で一貫して制作。プロチームへの供給も積極的に行っているブランドだ。

ハイエンドモデルのTranquillo Jersey & Bibshorts ©7 BiCYCLE

 「ジェッセージ」では、創設者シモーネ・フラッカーロ氏自身のプロレーサーとしての経験を元に、30年に渡り高機能でファッショナブルなサイクルウェアを手がけている。また、敷地内にある完全子会社ラ・フォンテで製作されるパッドは、ライバル各社にもOEMで供給しており、高い技術力と信頼性を誇る。

遊び心のあるデザインが揃うエントリーモデルのThanks, Gingham, Treviso, Che Guevaraジャージ ©7 BiCYCLE

 今季の春夏コレクションでは、用途やユーザー層にあわせて、メンズではハイエンドモデル、レースグレードモデル、エントリーモデルの異なる3グレードを用意。

 エントリーモデルはビギナー向けのコレクションとして初登場。通常モデルと比べ、横幅のみ1サイズ相当ゆったりしたパターンを採用し、カジュアルなデザインが特徴だ。

 レースグレードモデルはGSG春夏コレクションの中核を担い、ライダーの激しい走りを煽るようなレーサーライクなカッティングと、軽量な高品質素材の採用が特徴だ。パッドにはベストセラーの「Rekord」を採用し、長期間のライドでも疲れにくい。

 そしてハイエンドモデルは、幅広いサイクリストに受け入れられるシックなデザインと、その佇まいとは裏腹な革新的・実験的な素材、カッティング、パッドを採用しているのが特徴だ。ジャージ前面と袖にはバイオストレッチ素材、背面にメッシュ素材を使用し、盛夏のロングライドでライダーを強力にサポートする。

 3グレードともに、GSGのデザイナーチームに加え、日本総代理店セブンバイシクルもデザイン監修をしている。これらのモデルは日本のみの展開、ヨーロッパなどの海外代理店では取り扱いのない、ジャパン・スペシャルといえるアイテムとなっている。

レースグレードモデルのM-7930 Jersey & Bibshorts  ©7 BiCYCLE

■Tranquillo Jersey & Bibshorts(ハイエンドモデル)
ジャージ 税抜価格:13,800円
ビブ 税抜価格:15,800円
サイズ:S、M、L、XL

■M-7930 Jersey & Bibshorts (レースグレードモデル)
ジャージ各 税抜価格:12,800円
ビブショーツ税抜価格:13,800円
サイズ:S、M、L、XL

■Thanks, Gingham, Treviso, Che Guevaraジャージ(エントリーモデル)
ジャージ各 税抜価格:8,900円
サイズ:S、M、L、XL

この記事のタグ

サイクルウェア ジェッセージ

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

サイクリストTV

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載

連載