手元に光るスペシャルペイント「パワーロスが無かった」 吉岡直哉の優勝を支えたシェイクスフードの実力に迫る

by 松尾修作 / Shusaku MATSUO
  • 一覧

 宇都宮森林公園を舞台に3月19日に初開催されたJプロツアー「JBCF宇都宮ロードレース」で、ラストの“鶴の壁”で圧倒的な上りスプリントで優勝を果たした地元、那須ブラーゼンの吉岡直哉。彼のレバーブラケットにはチームカラーに彩られた「シェイクスフード」が装着されていた。「パワーロスが無かった」と吉岡が断言したシェイクスフードの実力に迫った。

宇都宮ロードレースを制した吉岡直哉(那須ブラーゼン)と、走りを支えたシェイクスフード Photo: Shusaku MATSUO

国内最高峰ツアーで優勝

那須ブラーゼンのために用意されたスペシャルペイント Photo: Shusaku MATSUO

 シェイクスフードはシマノのSTIレバーブラケット用のカバーで、力がかかる箇所にシボ加工(シワ模様の表面処理)が施されているのが特長。ボツボツとした表面の加工に加えて、素材自体も手に張り付くようなグリップをもたらしているのも持ち味だ。また、9種類のカラーがラインナップされ、バイクやバーテープに合わせた色を選択できるほか、硬度が違う「ハード」タイプと「ソフト」とタイプがあり、好みの質感を選べるのもサイクリストにとって嬉しい。

 那須ブラーゼンのバイクにはシェイクスフードはブルー×イエロー、また、イエロー×グレーに色づけられたハードタイプがインストールされている。ペイントは日本国内で職人が手作業で行い、選手が激しく使用しても色落ちはしない。那須ブラーゼンをはじめ、サポートチームでエリートカテゴリーチームのアヴェントゥーラ・アイコー・ヴィクトリア・レーシングは迷彩柄などの特別カラーを使用している。

初開催の宇都宮ロードレースを上りスプリントで制した吉岡直哉(那須ブラーゼン) Photo: Shusaku MATSUO

 宇都宮ロードレースの会場となった森林公園周辺のコースは、アジアで最高クラスの「ジャパンカップサイクルロードレース」の一部が使用されており、最大斜度が16%の鶴カントリー倶楽部(鶴CC)の上りなど、ハイスピードで厳しいレイアウトが選手を待ち受ける。

 この日、那須ブラーゼンの作戦をチームメイトの岸崇仁は「吉岡選手を最終局面まで温存させ、ラストの鶴CCの上りでスプリント勝負する予定だった」と話した。レース中、岸は吉岡の側でアシストをし続けサポート。チームの作戦が見事に決まった勝利となった。

「パワーロスが無かった」と優勝後に断言した吉岡 Photo: Shusaku MATSUO

 吉岡は「シェイクスフードはダンシングのときに“かかり”がいいですね。パワーロスが無く、力を温存することが出来ました。素材とシボ加工のおかげで滑らないのが実感できます」と優勝後に振り返った。また、勝利の要因のひとつに、直前まで行っていた沖縄合宿があると説明。「冬の間はフルフィンガーのグローブをしていたので分かりづらかったですが、温暖な沖縄では手が直接ブラケットに触れます。汗をかいたのですが、しっかりとグリップして握りこむことが出来たのが印象的でした」とシェイクスフードを評価した。

ハイスピードでも、選手の手元のグリップを確実にサポートする Photo: Shusaku MATSUO
レースの高い強度でも、素材とシボ加工が強力なグリップを生む Photo: Shusaku MATSUO

女子ライダーには“かわいい”も重要

 同じく、サポート受ける弱虫ペダルサイクリングチームの唐見実世子は、宇都宮のレース前にベトナムで開催された9日間のステージレース「ビワセカップ」に日本ナショナルチームで参戦し、個人総合優勝を果たした。

「ベトナムで開催された9日間のステージレースでも走りを支えてくれた」と話す唐見実世子 Photo: Shusaku MATSUO
アヴェントゥーラ・アイコー・ヴィクトリア・ レーシングのブラケットには、職人が手塗したシェイクスフードが装着 Photo: Shusaku MATSUO

 高温多湿の東南アジアでもシェイクスフードは性能を発揮したという。唐見は「グリップが高くて力もしっかり入るし、滑らなかったです。カラーがかわいいのもポイントですね」と話し、アヴェントゥーラ・アイコー・ヴィクトリア・ レーシングに所属する樫木祥子とデザインを比べあっていた。

宇都宮クリテリウムで5位に入った樫木祥子(アヴェントゥーラ・アイコー・ヴィクトリア・ レーシング)と(左)、ベトナムのステージレース「ビワセカップ」で個人総合優勝した唐見実世子(弱虫ペダルサイクリングチーム) Photo: Shusaku MATSUO

 シェイクスフードは国内トップレースを走る選手たちの走りを支えている。

■アウタートップ「シェイクスフード」
税抜価格:3,000円
タイプ:ハード(硬度60度)、ソフト(硬度50度)
対応レバー:ST-6800(アルテグラ)、ST-5800(105)、ST-4700(ティアグラ)
カラー:ブルー、レッド、イエロー、ホワイト、ショッキンググリーン、ショッキングピンク、セレストブルー、ブラック、ショッキングオレンジ
重量:ペア40g(公差±2g)

この記事のタグ

シェイクス

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

サイクリストTV

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載