パリ~ニース2017 第6ステージ終盤の独走で急勾配の“壁”も攻略 サイモン・イェーツが20kmの逃げ切り優勝

by 平澤尚威 / Naoi HIRASAWA
  • 一覧

 フランスで開催中のUCI(国際自転車競技連合)ワールドツアー「パリ~ニース」は3月10日、第6ステージが行われ、サイモン・イェーツ(イギリス、オリカ・スコット)が20kmを独走してステージ優勝を飾った。総合首位のジュリアン・アラフィリップ(フランス、クイックステップフロアーズ)はステージ4位に入り、マイヨジョーヌをキープしている。

20kmの逃げ切り優勝を飾ったサイモン・イェーツ Photo: Yuzuru SUNADA
温暖な地域に入った“太陽へ向かうレース” Photo: Yuzuru SUNADA

 大会の通称「太陽へ向かうレース」にふさわしく、寒さや風に苦しめられた前半戦から、暖かな地域での後半戦へとレースは進んできた。オーバーニュからファイエンスまでの193.5kmの山岳ステージは、スタート直後に1級山岳があり、コースの後半に5つの山岳があるレイアウト。コース終盤の特徴は、1級山岳を含む周回コースを2周することと、頂上ゴールとなる1.3kmで平均9.8%という厳しい勾配を2回上らなければならないことだ。

 最初の1級山岳を越えたあとに8人の逃げが決まり、メイン集団は総合4位につけるセルジオルイス・エナオ(コロンビア)のチーム スカイがコントロールする展開となった。終盤の周回コースに入ると、1回目の1級山岳の時点で、先頭はアレッサンドロ・デマルキ(イタリア、BMCレーシングチーム)、エドゥアルド・セプルベダ(アルゼンチン、フォルトゥネオ・ヴィタルコンセプト)の2人に絞られた。

逃げるアレッサンドロ・デマルキ(手前)とエドゥアルド・セプルベダ Photo: Yuzuru SUNADA

 逃げと集団は約1分差で下りきると、1回目のフィニッシュライン通過に向け、険しい上りへ向かった。懸命に逃げるデマルキとセプルベダを、集団は人数を減らしながら追っていく。先頭の2人はリードを保ったままフィニッシュラインを通過したが、2周目に入るとまたすぐ1級山岳へ突入し、この上りでついに集団に吸収された。

 この上りが終盤にさしかかると、イェーツがアタックし集団から抜け出した。2分16秒遅れの15位という立場のためか、このアタックに反応する選手はいなかった。イェーツは単独で頂上を通過し、逃げ切りを図る。一方、エース級のばかりが残った集団は、先頭を引く選手がミケル・ニエベ(スペイン、チーム スカイ)だけで、イェーツとの差は広がっていった。

マイヨジョーヌのジュリアン・アラフィリップ Photo: Yuzuru SUNADA

 イェーツは約1分のリードを得て残り1.3kmの上りへ突入した。集団からはステージ優勝を狙うリッチー・ポート(オーストラリア、BMCレーシングチーム)が仕掛け、総合争いのアラフィリップとエナオが続く。勢いよく飛び出すが、場所によっては20%ほどに達する“壁”のような勾配の前に、スピードを上げることは難しい様子。そんななかで最も強さを見せたのがエナオで、単独2位に立つとポートらを引き離しにかかった。

 20kmを独走してきたイェーツだが、差を詰められたものの1分あったリードを生かし、逃げ切り優勝を飾った。エナオが17秒差の2位、ポートが26秒差の3位に入ると、アラフィリップはチームメイトのダニエル・マーティン(アイルランド)の献身的なアシストを受け29秒差の4位でゴール。優勝したイェーツは総合8位に浮上し、エナオはボーナスタイムも獲得してアラフィリップとの差を詰めることに成功した。

第6ステージ結果
1 サイモン・イェーツ(イギリス、オリカ・スコット) 4時間37分51秒
2 セルジオルイス・エナオ(コロンビア、チーム スカイ) +17秒
3 リッチー・ポート(オーストラリア、BMCレーシングチーム) +26秒
4 ジュリアン・アラフィリップ(フランス、クイックステップフロアーズ) +29秒
5 ダニエル・マーティン(アイルランド、クイックステップフロアーズ) +29秒
6 ホン・イサギレ(スペイン、バーレーン・メリダ) +32秒
7 ヤコブ・フルサング(デンマーク、アスタナ プロチーム) +32秒
8 アルベルト・コンタドール(スペイン、トレック・セガフレード) +32秒
9 イルヌール・ザカリン(ロシア、カチューシャ・アルペシン) +32秒
10 トニー・ガロパン(フランス、ロット・ソウダル) +32秒

個人総合(マイヨジョーヌ)
1 ジュリアン・アラフィリップ(フランス、クイックステップフロアーズ) 21時間58分22秒
2 トニー・ガロパン(フランス、ロット・ソウダル) +36秒
3 セルジオルイス・エナオ(コロンビア、チーム スカイ) +46秒
4 ゴルカ・イサギレ(スペイン、モビスター チーム) +57秒
5 ダニエル・マーティン(アイルランド、クイックステップフロアーズ) +1分20秒
6 イルヌール・ザカリン(ロシア、カチューシャ・アルペシン) +1分31秒
7 アルベルト・コンタドール(スペイン、トレック・セガフレード) +1分34秒
8 サイモン・イェーツ(イギリス、オリカ・スコット) +1分37秒
9 ホン・イサギレ(スペイン、バーレーン・メリダ) +2分4秒
10 ワレン・バルギル(フランス、チーム サンウェブ) +3分8秒

ポイント賞(マイヨヴェール)
1 アルノー・デマール(フランス、エフデジ) 41 pts
2 ジュリアン・アラフィリップ(フランス、クイックステップフロアーズ) 36 pts
3 ジョン・デゲンコルブ(ドイツ、トレック・セガフレード) 30 pts

山岳賞(マイヨアポワ)
1 アクセル・ドモン(フランス、アージェーデュゼール ラモンディアル) 19 pts
2 サイモン・イェーツ(イギリス、オリカ・スコット) 17 pts
3 エドゥアルド・セプルベダ(アルゼンチン、フォルトゥネオ・ヴィタルコンセプト) 17 pts

チーム総合
1 クイックステップフロアーズ 66時間2分54秒
2 チーム スカイ +10分4秒
3 ロット・ソウダル +16分55秒

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

UCIワールドツアー パリ~ニース2017

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載