チームプレイで猛攻撃をしのぐ唐見実世子がステージ5位で総合首位をキープ ビワセカップ第3ステージ

  • 一覧

 ベトナムで9日間行われる女子ロードレース「ビワセカップ」は3月10日、第3ステージが110kmで行われ、総合首位のイエロージャージを着る日本ナショナルチームの唐見実世子(弱虫ペダルサイクリングチーム)が5人の先頭集団に残りステージ5位でゴール。首位の座を守った。

5人の先頭集団に残った唐見実世子(左から3人目)が個人総合首位を守った Photo: Daebong Kim

 日本ナショナルチームは唐見のほか、梶原悠未(筑波大学)、樫木祥子(AVENTURA AIKOH VICTORIA RACING)、下山美寿々(大阪教育大学附属天王寺高校)、福田咲絵(慶応義塾大学)が出場している。前日まで日本チームが個人総合のほかスプリント賞、チーム賞でも首位だったが、他チームの猛攻によりスプリント、チーム賞ではこの日首位から後退した。

 レースの模様を唐見選手のレポートでお届けします。

◇      ◇

ポイントジャージは失ったが

 今日は昨日に引き続き、総合成績に関わる大切な日。距離は110km。スタートから小刻みなアップダウンが続きラストに7kmの緩い上りが控えている。

 日本チームとしては、私の個人総合を守る事が第一目標、その次に梶原選手のポイントジャージを守る事、チーム総合は考えなくても良いというオーダーで、レースの展開の仕方の指示を受けた。

 今日は、他チームからの総攻撃を受ける事は分かっていたので、私を集団で上り口まで送り込めるように展開した。スタートしてすぐ、案の定細かいアタックが続く。そんな中、4人の逃げが決まったが、総合には関係のない選手たちだったので、日本チームはその逃げを容認。後追いが何度かあって7人の逃げを許す結果となったが、決定的な差にならないようにタイム差を見ながら距離を重ねた。その後のアップダウンでも何度も何度もアタック合戦があったが、主に樫木選手、下山選手の動きで集団をまとめた。

上りで最終的に5人の先頭集団に Photo: Daebong Kim

 上り口まであと10kmの地点くらいからチームが梶原選手を筆頭に集団をコントロール。あっという間に逃げグループとの差が縮まり始めた。最後の上りに差し掛かった頃には先頭集団を捕え、そこからは私の出番。集団は少しずつ小さくなるものの、勾配が緩く最後は5人のグループになり5位という結果だった。

 今日の優勝者はスプリント賞で2位になっているベトナムの選手。その結果、スプリントジャージを彼女に奪われる事になってしまった。そこが今日の個人的な反省点だった。

 今日はしっかり休んで、明日以降の展開で梶原選手にまたポイントジャージを取り戻せるように、また足元をすくわれないように考えて走ります。

第3ステージ(110km)
1 Nguyen Thi That(ベトナム、Gao Hat Ngoc Troi AG) 3時間20分56秒
2 Phetdarin Somrat(タイ、タイナショナルチーム) +0秒
3 Sokovnina Natalya(カザフスタン、カザフスタンナショナルチーム)
5 唐見実世子(日本ナショナルチーム)
10 福田咲絵(日本ナショナルチーム) +1分40秒
48 樫木祥子(日本ナショナルチーム) +8分26秒
54 梶原悠未(日本ナショナルチーム) +9分19秒
60 下山美寿々(日本ナショナルチーム) +12分02秒

個人総合成績
1 唐見実世子(日本ナショナルチーム) 7時間48分22秒
2 Dinh Thi Nhu Quynh(ベトナム、Tuyen Biwase Binh Duong) +3分22秒
3 Phetdarin Somrat(タイ、タイナショナルチーム) +3分32秒
7 福田咲絵(日本ナショナルチーム) +5分18秒
37 梶原悠未(日本ナショナルチーム) +16分48秒
54 下山美寿々(日本ナショナルチーム) +24分09秒
56 樫木祥子(日本ナショナルチーム) +27分57秒

スプリント賞
1 Nguyen Thi That(ベトナム、Gao Hat Ngoc Troi AG) 34pts
2 梶原悠未(日本ナショナルチーム) 30pts

山岳賞
1 唐見実世子(日本ナショナルチーム) 46pts

チーム総合
1 Tuyen Biwase Binh Duong 23時間42分09秒
3 日本ナショナルチーム 23時間45分59秒

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

日本ナショナルチーム

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載