パリ〜ニース2017 第2ステージ雨と風の中の高速消耗戦、ポートが脱落 コルブレッリがワールドツアー初優勝

by 米山一輝 / Ikki YONEYAMA
  • 一覧

 フランスで開催のUCIワールドツアー「パリ〜ニース」は3月6日、第2ステージが行われ、冷たい雨の中での集団ゴールスプリントで先行したソニー・コルブレッリ(イタリア、バーレーン・メリダ)が優勝した。総合首位のマイヨジョーヌを着るアルノー・デマール(フランス、エフデジ)はステージ3位に入り、リーダージャージを守っている。

雨中のゴールスプリントを制したソニー・コルブレッリ(イタリア、バーレーン・メリダ)がステージ優勝。雨具を着たままのスプリントが寒さを物語る Photo: Yuzuru SUNADA

 初日はパリ郊外を周回したパリ〜ニース。2日目からは徐々に地中海を目指しての南下が始まった。この日はロシュフォール=アン=イヴリーヌから、アミリィに至る195km。初日に続いての雨模様は、風と低い気温と相まって、より選手を苦しめることになった。

マイヨジョーヌのデマールを含む先頭集団 Photo: Yuzuru SUNADA

 序盤はまず9人の選手が逃げを見せるが、途中から強い風で分断したメイン集団から、先頭の約50人が早々に逃げを吸収した。マイヨジョーヌのデマールは先頭集団に残っている。いっぽう分割されて後方から追走するグループには、総合有力勢のリッチー・ポート(オーストラリア、BMCレーシングチーム)や、アルベルト・コンタドール(スペイン、トレック・セガフレード)らも含まれる状態。北からの追い風に乗って、平均時速50km近いハイペースの中、各集団のせめぎ合いがレース前半から延々と続いた。

雨と風と寒さの中、レースが続く Photo: Yuzuru SUNADA

 先頭集団は人数を減らしながらも、追走集団から逃げ続ける。後半140km近くになって、ようやくコンタドールらの追走集団が、先頭集団を吸収することに成功した。しかし途中、追走集団から、2013年と2015年の総合覇者であるポートが脱落する波乱が起きていた。

終盤、単独で逃げたジルベール Photo: Yuzuru SUNADA

 続いて集団からは6人がアタック。少し後から追ったフィリップ・ジルベール(ベルギー、クイックステップフロアーズ)が合流し、再編成されて5人の逃げグループになった。一時は1分少々の差をメイン集団に付けた逃げだが、徐々にタイム差は減少。残り20kmでその差が30秒を切ったところで、ジルベールが単独アタックを見せた。

 ジルベールはメイン集団の追走をものともせず、逆にタイム差を広げながら快調に逃げ続ける。一時は逃げ切りかと思われたが、残り10kmから向かい風を走る区間に入ると急激に失速。残り6.5kmで集団に吸収された。その後も単発でアタックは行われるものの、雨と寒さと風の中、長続きはしない。ゴールまで1kmを切った最終局面は、エフデジのアシストが集団先頭を牽引。デマールが2番手で最後の直線、ゴールスプリントへと入った。

今年初めてUCIワールドチームに所属した26歳のコルブレッリ。自身とチームにワールドツアー初勝利をもたらした Photo: Yuzuru SUNADA

 エフデジのアシストが退く絶好のタイミングで先行を開始したのは、デマールの直後に付けていたコルブレッリだ。デマールやジョン・デゲンコルブ(ドイツ、トレック・セガフレード)が競りかけるが、コルブレッリのスピードは衰えない。そのまま最後まで先頭を譲らず、コルブレッリがガッツポーズでUCIワールドツアー初勝利を挙げた。設立初年のバーレン・メリダにとっても、ワールドツアー初勝利だ。

 約70人のメイン集団は、コンタドールを含め45位までが同タイムでゴール。途中遅れたポートは最終的に14分16秒遅れの大集団でのフィニッシュ。過去2回総合優勝、昨年も総合3位のポートだが、今年は早々に総合争いから完全に脱落することになった。

第2ステージ結果
1 ソニー・コルブレッリ(イタリア、バーレーン・メリダ) 4時間20分59秒
2 ジョン・デゲンコルブ(ドイツ、トレック・セガフレード) +0秒
3 アルノー・デマール(フランス、エフデジ) +0秒
4 ディラン・フルーネウェーヘン(オランダ、ロットNL・ユンボ) +0秒
5 クリストフ・ラポルト(フランス、コフィディス ソルシオンクレディ) +0秒
6 マッティ・ブレシェル(デンマーク、アスタナ プロチーム) +0秒
7 オリヴェル・ナーゼン(ベルギー、アージェーデュゼール ラモンディアル) +0秒
8 アンドレ・グライペル(ドイツ、ロット・ソウダル) +0秒
9 アレクサンドル・クリストフ(ノルウェー、カチューシャ・アルペシン) +0秒
10 エヴァルダス・シシュケヴィチュス(リトアニア、デルコ・マルセイユ プロヴァンス・カエテム) +0秒

個人総合(マイヨジョーヌ)
1 アルノー・デマール(フランス、エフデジ) 7時間43分28秒
2 ジュリアン・アラフィリップ(フランス、クイックステップフロアーズ) +6秒
3 フィリップ・ジルベール(ベルギー、クイックステップフロアーズ) +17秒
4 アレクサンドル・クリストフ(ノルウェー、カチューシャ・アルペシン) +19秒
5 トニー・ガロパン(フランス、ロット・ソウダル) +19秒
6 ロマン・アルディ(フランス、フォルトゥネオ・ヴィタルコンセプト) +21秒
7 ダニエル・マーティン(アイルランド、クイックステップフロアーズ) +23秒
8 セルジオルイス・エナオ(コロンビア、チーム スカイ) +23秒
9 ルディ・モラール(フランス、エフデジ) +23秒
10 クリスティアン・コレン(スロベニア、キャノンデール・ドラパック) +31秒

ポイント賞(マイヨヴェール)
1 アルノー・デマール(フランス、エフデジ) 24 pts
2 ソニー・コルブレッリ(イタリア、バーレーン・メリダ) 15 pts
3 ジョン・デゲンコルブ(ドイツ、トレック・セガフレード) 15 pts

山岳賞(マイヨアポワ)
1 ロマン・アルディ(フランス、フォルトゥネオ・ヴィタルコンセプト) 12 pts
2 ルーク・ロウ(イギリス、チーム スカイ) 2 pts
3 シルヴァン・シャヴァネル(フランス、ディレクトエネルジー) 2 pts

チーム総合
1 クイックステップフロアーズ 23時間11分24秒
2 エフデジ +37秒
3 カチューシャ・アルペシン +47秒

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

UCIワールドツアー パリ~ニース2017

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載