ツール・ド・ランカウイ2017 第5ステージ総合首位のギボンズが大集団スプリントを制して今大会初優勝

  • 一覧

 マレーシアで開催されているツール・ド・ランカウイ(UCIアジアツアー2.HC)第5ステージが2月26日、メルラヤからクアラクブバルまでの151.5kmで行われ、総合リーダージャージを着るライアン・ギボンズ(南アフリカ、ディメンションデータ)が集団スプリントを制してステージ優勝を挙げた。日本勢は黒枝士揮(愛三工業レーシング)の8位が最高だった。

総合首位のイエロージャージを着るライアン・ギボンズ(南アフリカ、ディメンションデータ)が今大会初優勝 Photo: Yuzuru SUNADA
イエロージャージのギボンズを守って、ディメンションデータ勢が集団をコントロール Photo: Yuzuru SUNADA

 細かい丘が連続し、中盤にカテゴリー4級の山岳が1つのみのステージ。終盤に丘越えからの上り基調ゴールだが、大集団は崩れずゴールスプリントとなった。今大会安定して上位に入り続け第2ステージから総合リーダージャージを着るギボンズだが、ステージ優勝は初めてとなった。

 日本勢で総合最上位に付ける中根英登(愛三工業レーシング)も先頭とタイム差なしの集団でゴールし、総合13位は変わらない。

■第5ステージ結果(151.5km)
1 ライアン・ギボンズ(南アフリカ、ディメンションデータ) 3時間27分20秒
2 ヤクブ・マレチュコ(イタリア、ウィリエール トリエスティーナ) +0秒
3 トラヴィス・マッカベ(アメリカ、ユナイテッドヘルスケア プロサイクリングチーム)
4 リカルド・スタッキオッティ(イタリア、NIPPO・ヴィーニファンティーニ)
5 アンソニー・ジャコッポ(オーストラリア、アイソウェイスポーツ・スイスウェルネス)
6 モハド・ザムリ・サレー(マレーシア、トレンガヌ サイクリングチーム)

■個人総合
1 ライアン・ギボンズ(南アフリカ、ディメンションデータ) 18時間53分06秒
2 キャメロン・ベイリー(オーストラリア、アイソウェイスポーツ・スイスウェルネス) +23秒
3 アルベルト・チェッキン(イタリア、ウィリエール トリエスティーナ) +27秒
4 イェフゲニー・ギディッチ(カザフスタン、ヴィノ・アスタナモーターズ) +29秒
5 マクセブ・ドゥバサイ(エリトリア、ディメンションデータ) +32秒
6 ダニエル・ジャラミッロ(コロンビア、ユナイテッドヘルスケア プロサイクリングチーム) +33秒

■スプリント賞
1 ライアン・ギボンズ(南アフリカ、ディメンションデータ) 45pts

■山岳賞
1 ジョン・エブセン(デンマーク、インフィニットAISサイクリングチーム) 31pts

■アジアンライダー賞
1 イェフゲニー・ギディッチ(カザフスタン、ヴィノ・アスタナモーターズ) 18時間53分35秒

■チーム総合
1 アイソウェイスポーツ・スイスウェルネス 56時間40分49秒

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

ツール・ド・ランカウイ

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載