男女ジュニアはメダルならず梶原悠未がエリート女子個人TTで銅メダル アジア選手権ロード2日目

by 米山一輝 / Ikki YONEYAMA
  • 一覧

 中東バーレーンで開催のアジア自転車競技選手権大会ロードレースは2月26日、大会2日目の個人タイムトライアル(TT)競技が行われ、エリート女子で梶原悠未(筑波大学)が銅メダルを獲得した。

梶原悠未(中央右)がアジア選手権ロード個人TTで銅メダル Photo: Kenji NAKAMURA / JCF

 この日はエリート女子、ジュニア男女のレースが行われた。コースは全日程を通じて、F1バーレーングランプリなどが開催されるバーレーン・インターナショナル・サーキットと周辺道路を組み合わせた、1周12.8kmのコースが使用されている。エリート女子とジュニア男子は25.6km、ジュニア女子は12.8kmの距離で争われた。

 エリート女子に出場した梶原は、優勝した梁洪玉(中国)から53秒差の3位で銅メダルを獲得した。ジュニア男子に出場した蠣崎優仁(伊豆総合高校)はトップから2分35秒差の6位、ジュニア女子の下山美寿々(大阪教育大学附属天王寺高校)は36秒差の4位だった。

エリート女子個人TTの梶原悠未 Photo: Kenji NAKAMURA / JCF
ジュニア男子個人TTの蠣崎優仁 Photo: Kenji NAKAMURA / JCF
ジュニア女子個人TTの下山美寿々 Photo: Kenji NAKAMURA / JCF

ジュニア男子 個人タイムトライアル(25.6km)
1位 CHZHAN Igor(カザフスタン) 34分29秒63
2位 YU Ze(中国) 35分38秒86
3位 SHODIEV Iskandarbek(ウズベキスタン) 36分02秒08
6位 蠣崎優仁(静岡・伊豆総合高校) 37分04秒68

エリート女子 個人タイムトライアル(25.6km)
1位 LIANG Hongyu(中国) 36分48秒20
2位 LEE Jumi(韓国) 36分56秒43
3位 梶原悠未(埼玉・筑波大学) 37分42秒17 

ジュニア女子 個人タイムトライアル(12.8km)
1位 KANG Qiao(中国) 19分29秒17
2位 KURNOSSOVA Marina(カザフスタン) 19分49秒63
3位 SETIAWAN Liontin Evangelina(インドネシア) 19分50秒28
4位 下山美寿々(大阪・大阪教育大学附属天王寺高校) 20分06秒7

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

2017アジア選手権

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載