産経新聞連載「支局メール」より「もっと走りたい」 “自転車の聖地”広島で味わう絶景とグルメ

  • 一覧
瀬戸内の「しまなみ海道」でサイクリングを楽しむ人たち(資料写真)瀬戸内の「しまなみ海道」でサイクリングを楽しむ人たち(資料写真)

 広島総局に赴任して1年がたった。前任地が海のない奈良県だったため、市街地から車で10分ほど走ると海が見える広島の地がとても新鮮で、何よりも景色の良さに驚いた。

 広島で知り合った友人たちの影響で数カ月前、サイクリング用にクロスバイクを購入した。真新しい自転車に乗り、初めて遠出をしたのは広島港からフェリーで約20分の似島。

 その日は絶好の秋晴れで、暑くもなく寒くもない快適なサイクリング日和。島内1周約10kmの似島は、交通量が少なくアップダウンもわずかなため、初心者には挑戦しやすいサイクリングコースで、「もっと走りたい」と思った。

 次に訪れたのが江田島。三高港から旧沖美町周辺の海岸沿いを走る約30kmの道のりは、アップダウンが多い分、登り切った坂道を下る爽快感が忘れられなかった。

 太陽に照らされてキラキラと光る海面や流れていく風景、穏やかな潮風を体に感じると、疲労は吹き飛んだ。お昼ご飯に立ち寄った飲食店も絶品で、揚げたての天ぷらや地元では「アコウ」と呼ばれるハタ科の高級魚を破格の値段で頂き、瀬戸内海を満喫する1日になった。

 広島県内には、しまなみ海道やとびしま海道など世界に誇るサイクリングコースがあり、行政も道路の整備を進めている。湯崎英彦知事も9月に台湾の大手自転車メーカー「ジャイアント」の本社を訪れ、魅力をPRしている。

 私が訪れた似島や江田島でも、多くのサイクリストに出会った。瀬戸内海の絶景とグルメを楽しめる広島が“自転車の聖地”となる日は「遠くない」と確信した。今度の休みは、お気に入りの自転車に乗って、どこにでかけようか。(T)

産経新聞広島県版より)

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

しまなみ海道

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載