ツール・ド・ランカウイ2017 第4ステージディメンションデータのドゥバサイが山頂ゴール制す 中根英登は総合13位に

  • 一覧

 マレーシアで開催されているツール・ド・ランカウイ(UCIアジアツアー2.HC)第4ステージが2月25日、セリマンジュンからキャメロンハイランドまでの174.4kmで争われ、マクセブ・ドゥバサイ(エリトリア、ディメンションデータ)が山岳頂上ゴールでステージ優勝を飾った。総合10位でスタートした中根英登(NIPPO・ヴィーニファンティーニ)はメイン集団から30秒ほど遅れ、54秒差の総合13位に後退した。

ツール・ド・ランカウイ第4ステージの山頂ゴールを制したマクセブ・ドゥバサイ Photo: Yuzuru SUNADA

逃げに乗った住吉宏太 Photo: Yuzuru SUNADA

 コース前半は平坦で、後半はキャメロンハイランドへ上っていく山岳ステージ。住吉宏太(愛三工業レーシングチーム)が5人の逃げ集団に入ったが、上り区間でメイン集団に捉えられた。

 最後はドゥバサイとキャメロン・ベイリー(オーストラリア、アイソウェイスポーツ・スイスウェルネス)が抜け出しドゥバサイが競り勝った。総合リーダージャージを着るライアン・ギボンズ(南アフリカ、ディメンションデータ)を含む集団は4秒差の3位でゴールし、ギボンズは総合首位を守った。中根はギボンズらの集団トップから37秒遅れの18位でフィニッシュした。

メイン集団を牽引するジャック・ヤンセファンレンズバーグ Photo: Yuzuru SUNADA
ステージ優勝で表彰されるマクセブ・ドゥバサイ Photo: Yuzuru SUNADA

■第4ステージ結果(174.4km)
1 マクセブ・ドゥバサイ(エリトリア、ディメンションデータ) 4時間37分49秒
2 キャメロン・ベイリー(オーストラリア、アイソウェイスポーツ・スイスウェルネス) +0秒
3 ライアン・ギボンズ(南アフリカ、ディメンションデータ) +4秒
4 イェフゲニー・ギディッチ(カザフスタン、ヴィノ・アスタナモーターズ)
5 アルベルト・チェッキン(イタリア、ウィリエール トリエスティーナ)
6 ベン・オコーナー(オーストラリア、ディメンションデータ)

■個人総合
1 ライアン・ギボンズ(南アフリカ、ディメンションデータ) 15時間25分58秒
2 キャメロン・ベイリー(オーストラリア、アイソウェイスポーツ・スイスウェルネス) +11秒
3 アルベルト・チェッキン(イタリア、ウィリエール トリエスティーナ) +15秒
4 イェフゲニー・ギディッチ(カザフスタン、ヴィノ・アスタナモーターズ) +17秒
5 クリス・ハーパー(オーストラリア、アイソウェイスポーツ・スイスウェルネス) +21秒
6 マクセブ・ドゥバサイ(エリトリア、ディメンションデータ)

■スプリント賞
1 スコット・サンダーランド(オーストラリア、アイソウェイスポーツ・スイスウェルネス) 27pts

■山岳賞
1 ジョン・エブセン(デンマーク、インフィニットAISサイクリングチーム) 29pts

■アジアンライダー賞
1 イェフゲニー・ギディッチ(カザフスタン、ヴィノ・アスタナモーターズ) 15時間26分15秒

■チーム総合
1 アイソウェイスポーツ・スイスウェルネス 46時間18分49秒

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

ツール・ド・ランカウイ

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載