大会独自の「ブラックジャージ」獲得ならず窪木一茂がアブダビ・ツアーでロングエスケープ「ロードレースに身体が順応してきた」

  • 一覧

 アラブ首長国連邦の首都アブダビでUCIワールドツアー「アブダビツアー」が2月23日に開幕し、第1ステージはNIPPO・ヴィーニファンティーニの窪木一茂が逃げグループに入った。中間スプリントのポイント数で競う、大会独自の「ブラックジャージ」獲得を目指してスプリントに臨み、暫定2位。「トラックレースからロードレースへと身体が順応してきている」と手応えを語った。

終盤に3人になった逃げグループで先頭を引く窪木一茂 ©Bettini
レース前にミーティングをするNIPPO・ヴィーニファティーニ ©Bettini

 第1ステージは189kmの平坦ステージで、スタート直後、窪木を含む6人の逃げが決まった。NIPPO・ヴィーニファンティーニにとって、今季初めてとなるワールドツアーへの参戦となり、格上チームとの戦いとなった。

 この日の目標は、まずは誰かが逃げに乗りブラックジャージを獲得すること。窪木は2箇所に設けられた中間スプリントを両方とも3位で通過してポイントを6点稼いだが、一緒に逃げていたマニュエーレ・モーリ(UAEチームエミレーツ)が16点を獲得した。

 最大で集団から5分ほどリードを奪った窪木の逃げだったが、2つ目の中間スプリントを過ぎると6人から人数が減り3人に。窪木は引き続き、アグレッシブな走りで先頭集団を牽引したが、集団ゴールスプリントに持ち込むためペースアップを図るメイン集団に、残り15kmで吸収された。最後はマーク・カヴェンディッシュ(イギリス、ディメンションデータ)がスプリントを制した。

 NIPPO・ヴィーニファンティーニの最高位は、エドゥアルド・グロス(ルーマニア)の10位。ワールドツアーのレースで、トップスプリンターたちと肩を並べてトップ10入りした。

選手・監督のコメント

窪木一茂「チームの作戦どおり逃げに乗り、170kmほどエスケープした。今シーズンはレースで何度か逃げているので、長距離レースでの体力面に対する不安が解消され、レースを楽しく走れている。トラックレースからロードレースへと身体が順応してきている証拠だと思う。中間スプリント賞のブラックジャージが獲得できなかったことは、とても残念だが、脚の調子は良い。アジア選手権を考えて、54のアウターギアを試したが、重たくて失敗だった。今日は常に向かい風だった。グロスが10位に入り、チームとして上手く機能しているので、残り3ステージで表彰台に立てるよう、明日からまた皆でチャレンジしていきたい。
 
日本でもネットのストリーミングを利用して応援してくださった方が多く、感謝しています。世界で注目されているこの大会でエスケープできたことを嬉しく思っています。
 
小石祐馬のコメント「自分へのオーダーは明後日の山岳ステージで勝負するアレドンドの側にいてサポートすることと、ボトル運びなどの最低限の仕事のみだった。レーススタート直後のアタックで窪木さん含む逃げが行ったので、集団は一日中、比較的ユッタリとしたペースで進んだ。最後は落車が多発して足止めをくらって少し遅れてゴールした。まだまだ始まったばかり、ワールドツアーで注目度も高いので、注目されるように頑張っていこうと思います!」
 
ステファノ・ジュリアーニ監督「自分たちの最初の目標は誰かを逃げに乗せて、中間スプリント賞を獲得することだった。そのためには逃げに乗せるのは、スプリント力のある窪木がベストだと考えており(他にもマルコ・カノラやイウリィ・フィロージが候補だったが)、その作戦どおりに窪木が逃げに入ったことはとても良かったと思う。窪木は2回の中間スプリントを狙っていったが、ワールドツアーチームに所属するモーリが強かった。しかし2回とも3位に入ったことは評価したい。そして逃げが捕まってからは、グロスのスプリントにチームは切り替え、彼は10位でフィニッシュした。自分たちにとって良いレースだったと思う。素晴らしいチームワークが実った日だった」

■第1ステージ結果
1 マーク・カヴェンディッシュ(イギリス、ディメンションデータ) 4時間37分6秒
2 アンドレ・グライペル(ドイツ、ロット・ソウダル) +0秒
3 ニッコロ・ボニファツィオ(イタリア、バーレーン・メリダ)
10 エドゥアルド・グロス(ルーマニア、NIPPO・ヴィーニファンティーニ)
12 イウリィ・フィロージ(イタリア、NIPPO・ヴィーニファンティーニ)
16 マルコ・カノラ(イタリア、NIPPO・ヴィーニファンティーニ)
69 ジュリアン・アレドンド(コロンビア、NIPPO・ヴィーニファンティーニ)
106 ピエールパオロ・デネグリ(イタリア、NIPPO・ヴィーニファンティーニ)
110 アラン・マランゴーニ(イタリア、NIPPO・ヴィーニファンティーニ)
112 窪木一茂(NIPPO・ヴィーニファンティーニ)
145 小石祐馬(NIPPO・ヴィーニファンティーニ) +1分52秒

■個人総合成績
1 マーク・カヴェンディッシュ(イギリス、ディメンションデータ) 4時間36分56秒
2 アンドレ・グライペル(ドイツ、ロット・ソウダル) +4秒
3 マヌエーレ・モーリ(イタリア、UAE チームエミレーツ)
6 窪木一茂(NIPPO・ヴィーニファンティーニ) +8秒
13 エドゥアルド・グロス(ルーマニア、NIPPO・ヴィーニファンティーニ)
15 イウリィ・フィロージ(イタリア、NIPPO・ヴィーニファンティーニ)
19 マルコ・カノラ(イタリア、NIPPO・ヴィーニファンティーニ)
71 ジュリアン・アレドンド(コロンビア、NIPPO・ヴィーニファンティーニ)
107 ピエールパオロ・デネグリ(イタリア、NIPPO・ヴィーニファンティーニ)
111 アラン・マランゴーニ(イタリア、NIPPO・ヴィーニファンティーニ)
151 小石祐馬(NIPPO・ヴィーニファンティーニ) +2分2秒

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

アブダビ・ツアー チームNIPPO

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載