新製品情報スペシャライズドが軽さとエアロ性能を追求したホイール「ロヴァールCLX50」発売

  • 一覧

 スペシャライズドから、カーボンクリンチャーホイール「ROVAL(ロヴァール)CLX50」が発売された。軽量ホイール「ロヴァールCLX32」の重量削減テクニックを応用して前後合わせて1375gという軽さを実現。さらにディープリムホイール「ロヴァールCLX64」のエアロ性能も取り入れた“夢のホイール”だ。

スペシャライズドのカーボンクリンチャーホイール「ROVAL CLX50」 ©Specialized

 スペシャライズドはCLX50の開発にあたり、明確な目標を設定した。それは、「深さ45~55mm」「最高のエアロ性能」「非常にワイドであること」「1400g以下のホイールとする」といったもの。これらを実現するため、既存のCLX32とCLX64の性能を取り入れ、耐久性を損なうことなくあらゆる軽量化を施した。

 そこから、ホイールの深さ数種類をあらゆる角度から研究。重量と剛性への厳しい目標を満たし、目的と合致するホイールの深さを最終的に判断した。

 深さを決めた後、数値流体力学を用いたコンピュータモデリングに取り掛かり、できる限り速くなるリム形状をいくつか導き出した。リム形状を3種類に絞り、これらをCNC(コンピューター数値制御)加工したのちホイールを組み立て、自社風洞施設「ウィントンネル」で実験を行った。

ホイールに「CLX50」のロゴ ©Specialized
「ROVAL CLX50」  ©Specialized

 ウィントンネルでは、タイヤが性能に大きな影響を与えるため、スペシャライズドとライバル社製のあらゆるホイールに、100PSIに設定したスペシャライズド「S-Works Turbo 24Cタイヤ」を履かせてテストした。バイクに取り付けた状態ではなくホイール単体でのテストは条件として適切でないと捉えられることもあるが、スペシャライズドは長年の実験結果から、バイクとホイール、そしてホイール単体でテストしても結果が変わらないという数値を導き出している。

軽さとエアロ性能を兼ね備えた「ROVAL CLX50」 ©Specialized

 横風による挙動についても、CLX50をはじめとしたCLXシリーズでは、ラボや路上でのテストを重ねて問題となる現象をほぼ解決した。ステアリング軸裏に掛かる風の圧力中心を移動させることで、CLX50は横風を受けた際のコントロール性を引き上げている。風の強い日は横風の影響を恐れて深めのホイールを避けがちだが、CLXシリーズでは風が強くなるほど、ホイールがライダーの助けとなる。

 最適な形状を得たリムは、セラミックスピード社製ベアリング採用のエアロフランジハブと前16本/後21本のDTスイス・エアロライトスポークを使って組み上げ、深さ50mm、1375g(カタログ値)のクリンチャーホイールセットへと結実した。同じリム高さのライバル製品に対し、軽いだけでなく、考えうる全てのテストで速さが上回っているという。

■「ROVAL CLX 50」製品概要
重量:1,375g (リムブレーキ仕様、ペア)
税込価格:フロント 118,800円、リア 178,200円

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

ホイール|サイクルパーツ商品一覧

サイクルパーツ スペシャライズド ホイール 新製品情報

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載