ツアー・オブ・オマーン2017 第5ステージ首位のヘルマンスがクイーンステージを制し2勝目 個人総合優勝を決定的に

by 米山一輝 / Ikki YONEYAMA
  • 一覧

 中東オマーンで行われている6日間のステージレース「ツアー・オブ・オマーン」は2月18日、第5ステージが行われ、頂上ゴールのクイーンステージを総合首位のベン・ヘルマンス(ベルギー、BMCレーシングチーム)が制し、総合優勝を決定的にした。日本から出場の内間康平、窪木一茂(ともにNIPPO・ヴィーニファンティーニ)もそれぞれ完走し、最終ステージへと駒を進めている。

総合首位のベン・ヘルマンス(ベルギー、BMCレーシングチーム)が自らライバルを打ち破り総合優勝を確実に Photo: Yuzuru SUNADA
逃げた5人 Photo: Yuzuru SUNADA

 最終日を前に総合成績の行方をほぼ決める152.5kmのレース。途中には山岳ポイントは設けられないものの、最後は標高1235mのジャバル・アルアフダル(グリーンマウンテン)へ、距離5.7km、平均勾配10.5%を一気に駆け上がる。

 レースは序盤の逃げが一旦吸収された後、今度は5人の逃げグループが形成された。タイム差は50km地点で6分に達し、またメイン集団内で有力選手も巻き込まれる大きな落車が起こったことで、最大で8分以上にまで広がることになった。

メイン集団はBMC勢がヘルマンス(先頭から5人目)を守って走る Photo: Yuzuru SUNADA

 しかし後半はメイン集団も追走。アルアフダルの上りに入ったところで、ついに逃げを吸収し、ここからは総合上位勢の戦いに。数々のビッグレースでも成功を収めている有力選手を打ち破って勝利したのは、総合首位のレッドジャージを着るヘルマンスだった。

クイーンステージで力を見せたが勝利には届かなかったアル Photo: Yuzuru SUNADA

 残り1kmを切ってから加速したヘルマンスは、2位のファビオ・アル(イタリア、アスタナ プロチーム)に3秒、3位でゴールした総合2位のルイ・コスタ(ポルトガル、UAEアブダビ)には11秒差を付ける完勝。第2ステージに続く今大会2勝目を挙げるとともに、初めてのオマーン総合優勝に王手をかけた。

第5ステージ結果
1 ベン・ヘルマンス(ベルギー、BMCレーシングチーム) 4時間08分46秒
2 ファビオ・アル(イタリア、アスタナ プロチーム) +3秒
3 ルイ・コスタ(ポルトガル、UAEアブダビ) +11秒
97 窪木一茂(NIPPO・ヴィーニファンティーニ) +11分04秒
114 内間康平(NIPPO・ヴィーニファンティーニ) +13分03秒

個人総合成績
1 ベン・ヘルマンス(ベルギー、BMCレーシングチーム) 17時間59分17秒
2 ルイ・コスタ(ポルトガル、UAEアブダビ) +22秒
3 ファビオ・アル(イタリア、アスタナ プロチーム) +35秒
114 窪木一茂(NIPPO・ヴィーニファンティーニ) +35分08秒
118 内間康平(NIPPO・ヴィーニファンティーニ) +36分49秒

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

ツアー・オブ・オマーン2017 ロードレース

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載