カーボンドライジャパンの取扱いもカステリ「チーム スカイ」ウェアキットを展示 インターマックス2017年製品展示会

by 松尾修作 / Shusaku MATSUO
  • 一覧

 「アルゴン18」や「スラム」など、国内外の自転車パーツやブランドを扱うインターマックスは2月14、15日、2017年シーズンの展示会を東京都千代田区の科学技術館で開催した。会場にはUCIワールドツアー「チーム スカイ」のカステリ製チームキットや、新たに取り扱うカーボンドライジャパンのビッグプーリーキットなどが勢ぞろいした。

カステリ製「チーム スカイ」のウェアキットが会場の中心に並ぶ Photo: Shusaku MATSUO

 スカイのチームウェアを展開していたカステリコーナーでは、ジャージの上下セットのほか、ソックスやグローブなどのキットも展示されていた。また、パワーメーターブランドのステージスサイクリングもまたチーム スカイとタッグを組んだことをアピール。シマノクランクのほか、カンパニョーロのカーボンクランク、FSAの「SL-K ライト BB30」のラインナップが追加された。

ジップのホイールロゴカラーは注文時にオーダーできるほか、交換用ステッカーも用意 Photo: Shusaku MATSUO
左クランクの交換で手軽に取り付けが可能なステージスのパワーメーター Photo: Shusaku MATSUO
ホルメンコールのウェア用洗剤 Photo: Shusaku MATSUO

 ドイツのケミカルブランド「ホルメンコール」では、ナノテクノロジーを用いたコーティングを可能にしたチェーンルブやワックスに加えて、ジャージ用洗剤がラインナップ。素材を傷めずに、頑固な汚れを落とすという。シクロクロスの泥汚れにも対応している。

 また、カーボン素材の補修を得意とするカーボンドライジャパンの製品「ビッグプーリーキット」が、新たに取り扱いを始めたブランドとして登場。シマノやカンパニョーロ、スラムの各コンポーネント別に用意されたプーリーケージや、大口径のプーリーセットも展示された。こちらはケージ本体のカラーに加えてプーリーのカラーも選択が可能となっている。

カーボンドライジャパン「ビッグプーリーキット」の取扱いが開始された Photo: Shusaku MATSUO
ナノテクノロジーを駆使し、付着したチェーン表面から剥離を抑えたチェーンオイル Photo: Shusaku MATSUO

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

インターマックス

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載