「自転車の楽しみ伝えたい」土井雪広選手が一般サイクリスト向けのコミュニティをスタート

by 米山一輝 / Ikki YONEYAMA
  • 一覧
土井雪広選手(右)とのライドに集まったメンバー Photo: Ikki YONEYAMA土井雪広選手(右)とのライドに集まったメンバー Photo: Ikki YONEYAMA

 プロロードレーサーの土井雪広選手(マトリックスパワータグ)が、一般サイクリスト向けの自転車コミュニティ「土井雪広と愉快な仲間たち」を2017年からスタートした。コミュニティメンバー向けの少人数のライドイベントで、自転車の楽しみを伝えていきたいという。

 メンバー限定のFacebookコミュニティには、オリジナルジャージを購入すれば参加可能(購入時に案内)。ビオレーサー製のジャージのデザインは、土井選手がこれまで所属したチームをアルカンシエル風のカラーストライプで表現し、フロントの世界地図には土井選手がこれまで住んだ土地をマッピングした。土井選手が日本人で初めて出場・完走したブエルタ・ア・エスパーニャ(スペイン一周レース)をはじめ、世界中で走り続けてきた土井選手の歴史が刻まれたジャージだ。

折り返し地点のカフェで楽しくランチ(土井選手提供)折り返し地点のカフェで楽しくランチ(土井選手提供)

 2月11日には東京都多摩市周辺で初めての正式なライドイベントが行われ、首都圏各地から20人が集まり、約70kmのライドを楽しんだ。土井選手は積極的に参加者とコミュニケーション。休憩中だけでなく走行中にも集団内で忙しく移動して、参加者にアドバイスをしたり、上りで遅れた参加者を「アシスト」するなどライドをサポートした。

 千葉県松戸市から参加したという千葉淳さんは「一緒に走れて感激」と喜びの声。仕事で住んだ山形県で自転車を始めたことが縁で、山形の高校出身の土井選手のファンになったという。土井選手の真後ろを走り、「スマートなハンドサインが美しかった。脚が思ったよりスリムで驚きました」と話していた。

信号待ちなどの短い時間にも参加者とコミュニケーション Photo: Ikki YONEYAMA信号待ちなどの短い時間にも参加者とコミュニケーション Photo: Ikki YONEYAMA
プロ選手の脚! 筋肉が柔らかい! Photo: Ikki YONEYAMAプロ選手の脚! 筋肉が柔らかい! Photo: Ikki YONEYAMA
土井選手のプロ選手としての歴史を表現したジャージ Photo: Ikki YONEYAMA土井選手のプロ選手としての歴史を表現したジャージ Photo: Ikki YONEYAMA

 土井選手は「たっぷり現役プロ選手と触れ合えるイベントを行うことで、プロサイクリストを身近に感じてもらい、国内のレースを盛り上げたい。また、自転車を本格的に乗りたいと思う子供たちが安心して走れるコミュニティを作りたかった。ライドだけでなく食事会などもやって交流していきたい」とコミュニティの今後について抱負を語った。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。
  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載