【Teamユキヤ通信】ヴエルタ・ア・アンダルシア新城幸也が今季欧州初戦へ「本当の意味での初合流。良い流れ作りたい」

by 飯島美和 / Miwa IIJIMA
  • 一覧

 新城幸也(バーレーン・メリダ)が2月15日からスペインのアンダルシア地方を舞台に開催される、5日間のステージレース「Vuelta a Andalucia Ruta Ciclista Del Sol」(ヴエルタ・ア・アンダルシア 通称ルート・シクリスタ・デル・ソル)に出場する。新城はヨーロッパ初戦に向け意気込みを語った。

ヴエルタ・ア・アンダルシアに出場する新城幸也(左端)らバーレーン・メリダのメンバー Photo:Team BAHRAIN MERIDAヴエルタ・ア・アンダルシアに出場する新城幸也(左端)らバーレーン・メリダのメンバー Photo:Team BAHRAIN MERIDA

フランス経由でスペイン入り

 オーストラリアでのレース後、約2週間、渡仏準備のために日本で過ごした新城は11日にフランスの自宅に戻り、中1日でスペインの南端マラガへと飛んだ。

​ヨーロッパ初戦へ出発する新城 Photo: Miwa IIJIMA ヨーロッパ初戦へ出発する新城 Photo: Miwa IIJIMA

 ヨーロッパ初戦に向け、新城は次のようにコメントした。
「いよいよ、ヨーロッパでのレースが始まります。チームカーやチームバスが揃い、本当の意味でのチーム本体と初合流のレースとなるので楽しみですし、暖かい場所でのレースはうれしいです。この後もすぐにバーレーンで開催されるアジア選手権、そして、パリ~ニースとレースが続くので、まずはスペインでしっかりリズムをつかんで良い流れを作りたいと思います」。

 また、2月12日は昨年、大腿骨骨折という怪我を負った日からちょうど1年ということもあり「ちょうど1年前の今頃はベッドの上でした。1年前のこととは思えないくらい、昔の出来事の様に感じます」と振り返った。

 さらに「たくさんの皆さんに助けられ、励まされ、支えられ走れていること、そして今こうして、元気に走れていることのありがたさを本当に実感し、あの怪我を乗り越え、自分も成長できたという自信をもって、頑張っていきます」と抱負を語った。

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

新城幸也

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載