バイクインプレッション2012「CANNONDALE SUPERSIX EVO ULTEGRA Di2」どんなシチュエーションにも合う、路面追従性の高いオールラウンダー

  • 一覧

 アメリカの総合バイクブランド、キャノンデールには洗練されたロードバイク、マウンテンバイク、アーバンバイク、キッズバイクが揃い、誰もがその性能をあらゆるシーンで楽しめる。そして、今回試乗したスーパーシックスEVOは、ハイパフォーマンスなロードバイクとして人気を集め、磨き上げられてきた実力モデルだ。

CANNONDALE SUPERSIX EVO ULTEGRA Di2(キャノンデール スーパーシックスEVO アルテグラDi2)※カラーリングは販売モデルと異なりますCANNONDALE SUPERSIX EVO ULTEGRA Di2(キャノンデール スーパーシックスEVO アルテグラDi2)※カラーリングは販売モデルと異なります

キャノンデール スーパーシックスEVO アルテグラDi2
価格:499,000円
サイズ:44、48、50、52、54、56、58(cm)
カラー:エクスポーズドカーボン/グロスブラック
問い合わせ先:キャノンデールジャパン http://www.cannondale.com/jpn/

 

スペック

フレーム:スーパーシックスEVO フルカーボン、Di2対応、SPEED SAVE、プレスフィットBB30
フォーク:スーパーシックスEVO、SPEED SAVE、フルカーボン、1-1/8″ to 1-1/4″
変速機:シマノ・アルテグラDi2(F)、シマノ・アルテグラDi2(R)
ギヤ:ニューキャノンデール ホローグラム Si、FSA チェーンリング 50×34T 12-25T(10速)
ホイール:シマノ・アルテグラ
フレーム重量:950g以下(カタログ値)

シェイプされたチェーンステーとシートステーに設けられたSPEED SAVE。路面追従性を高め、快適さにも貢献しているシェイプされたチェーンステーとシートステーに設けられたSPEED SAVE。路面追従性を高め、快適さにも貢献している
アルテグラDi2のバッテリーはダウンチューブの下寄り、ボトル台座の下に位置するアルテグラDi2のバッテリーはダウンチューブの下寄り、ボトル台座の下に位置する
シンプルさを極めたようなフレームは、リヤブレーキのワイヤーラインにも無駄がなく、シートステーの接合部から抜け出るシンプルさを極めたようなフレームは、リヤブレーキのワイヤーラインにも無駄がなく、シートステーの接合部から抜け出る

インプレッション BY 松尾修作・米山一輝

松尾修作 VAX RACING所属。Jプロツアーに参戦する現役大学生レーサーで、脚質はオールラウンダー。スイスでのレース活動経験も持つ松尾修作
VAX RACING所属。Jプロツアーに参戦する現役大学生レーサーで、脚質はオールラウンダー。スイスでのレース活動経験も持つ

米山 非常に軽いフレームと聞いていたし、高いポテンシャルがあるのは、これまでのスーパシックスの評判から優に想像できていたけど、実際に乗ってみてどうだった?

松尾 欠点らしきものはほとんどない、どんなシチュエーションにも合う、速く走らせることができるバイクだと思いましたよ。

米山 人気がありそうなバイクだよね。とくにDi2仕様のこのパッケージはお買い得感も高いし、それに対しての性能も申し分ないでしょ。素材と設計の良さによって、振動吸収性は良いし、剛性は必要十分という印象だった。

松尾 乗り心地は良かったですね。剛性に関しては、リヤは比較的抑えめで、ヘッド周辺の剛性感を非常に高く感じられました。でも、バラバラな感じがするのではなく、グイグイと引っ張られるような印象を受けましたよ。ダンシングすると、リヤから押されるというよりは前から引っ張られるようでした。

米山 なるほどね。でもシッティングでのフィーリングも良かったよ。上りもシッティングで、パワーを掛けて上りたいイメージが持てた。見た目の線は細く感じるけど、フレームはしっかりと受け止めてくれる、自転車選手の体型にシンクロする細マッチョなバイクと表現できるかな。

米山一輝 数多くのトップ選手を輩出した東京の名門クラブチームで15年の選手経歴を持つ元レーサー。現在は国内レースを取材で転戦中米山一輝
数多くのトップ選手を輩出した東京の名門クラブチームで15年の選手経歴を持つ元レーサー。現在は国内レースを取材で転戦中

松尾 一見するとシンプル一辺倒な、このゴテゴテしていないシャープなスタイリングも、魅力の一つですよね。でも実際はSPEED SAVEが効いていて、路面追従性が高く、フロントフォークも良いからコーナーは速いです。コーナー中の挙動は安定感が高くて、切れ込むように倒していけるのは印象的でしたよ。

米山 そうだね。路面にピタッと追従して、安定感は高かったね。でも、低速の時はそれほどでもなかったかな。加速性はもう少し要求したい部分だった。

松尾 力を入れずにスッと出る感じはありましたが、敢えて言えば、伸び感や直進安定性はそれほどではなかったですね。ハンドリングがクイックなので、慣れないとふらつくかもしれません。

米山 ある程度乗り慣れている人なら、軽快に走らせてくれるから、気にならないレベル。オールラウンダーだから、使うシーンの幅が広い人、広げたい人に、特にオススメかな。

松尾 そうですね、最初に言ったとおり、どんなシチュエーションにも合いますよ。ヒルクライム、サーキットやアップダウンを繰り返す難コースも、とてもレーシーに走らせてくれるでしょう。アルテグラDi2仕様の完成車を探している人にはホットな1台だと思いますよ。

米山 試乗車はまだカラーリングが暫定で、販売モデルはロゴの感じが変わっているのでウェブなどでチェックしてください。

TEXT BY 齋藤むつみ / PHOTO BY 佐藤正巳

この記事のコメント

利用規約順守の上ご投稿ください。

関連記事

この記事のタグ

キャノンデール バイクインプレッション

  • 一覧

新着ニュース

もっと見る

ピックアップ

e-BIKE最新特集

スペシャル

自転車協会バナー

ソーシャルランキング

インプレッション

インプレッション一覧へ

連載